■限定150台。価格帯は1720万円〜1900万円で、EV仕様も設定

2022年4月21日(木)、BMWの最上級モデルである新型7シリーズの「THE FIRST EDITION」が発表されました。同日から先行販売を「BMWオンライン・ストア」でスタートしています。なお、納車は、2022年第四半期以降の予定です。

新型7シリーズは、最新世代にふさわしい新しさに満ちたフロントマスクが目を惹きます。堂々たる風格と顔つきは、同門のロールスロイスを彷彿させます。

BMW 7シリーズ
新型BMW7シリーズが日本上陸

今回、ローンチエディションとして発表・先行販売が開始された「THE FIRST EDITION」は、新型車の初期生産モデルとして「BMW 740i Excellence」「BMW 740i M Sport」、EV仕様の「BMW i7 xDrive60 Excellence」の3モデルがベースになっており、販売台数は、各50台、計150台限定です。

BMW 7シリーズ
新型BMW7シリーズのリヤビュー

「THE FIRST EDITION」には、量産車で世界初になる31.3インチの8Kパノラマディスプレイを含む「リヤシート・エンターテイメント・エクスペリエンス」をはじめ、アンプ出力1965W、40スピーカー、32チャンネルという、車載用ではほとんど例をみないハイスペックを誇る「Bowers & Wilkinsダイヤモンド・サラウンドサウンドシステム」を特別装備。

従来の車内エンターテイメントの期待値を大幅に超えるラグジュアリーなシアター体験が提供されます。

BMW7シリーズ
ラグジュアリーで先進感あふれる新型BMW7シリーズのインパネ

ボディカラーとインテリアカラーは、人気の「ミネラルホワイト」と「ブラックサファイア」に、高品質なブラックの「メリノレザーシート」との組み合わせを中心にコーディネイト。

「BMW 740i Excellence」には、新型7シリーズの優雅な佇まいが際立つ「オキサイドグレー」を用意。さらに、新型から採用される「スモークホワイト」のメリノレザーに、「ライトグレー」のカシミアとのコンビネーションシートが組み合わされています。

EV仕様の「BMW i7 xDrive60 Excellence」には、新型から採用される「コーチ・ライン」が施された「タンザナイトブルー」と「オキサイドグレー」との鮮やかな2トーンカラーを用意。「タルトゥーフォ」と「ナイトブルー」の2トーンカラーのメリノレザーシートが採用された仕様が、5台ずつ設定されます。

BMW7シリーズ
新型BMW7シリーズの走行イメージ

ほかにも、特別装備として、3Dポリッシュ加工が施された専用ホイールの装着をはじめ、先述した「リヤシート・エンターテインメント・エクスペリエンス(31インチ 8K パノラマ・ディスプレイ)」「エグゼクティブ・ラウンジシート(BMW 740i Excellence / BMW i7 xDrive60 Excellenceのみ)、「20インチ エアロダイナミック・ホイール・スタイリング906バイカラー(3Dポリッシュ)」「THE FIRST EDITION 専用アロイホイール(BMW 740i M Sport Excellenceのみ)」、 「21インチMエアロダイナミック・ホイール909Mマルチカラー(ジェットブラック/ 3Dポリッシュ)」「リヤコンフォートパッケージ」「セレクトパッケージ」などが用意され、貴重なローンチエディションとしての特別感が演出されています。

BMW7シリーズ
新型BMW7シリーズのキャビン

●価格
「BMW 740i Excellence THE FIRST EDITION(限定50台)」:1720万円
「BMW 740i M Sport THE FIRST EDITION(限定50台)」:1720万円
「BMW i7 xDrive60 Excellence THE FIRST EDITION(限定50台)」:1900万円

(塚田 勝弘)