■凄いこと

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
今回の“彼女”は、堀江りほさん!

フルモデルチェンジした新型は、結構な勢いで売れているのだとか。三菱自動車・アウトランダーPHEVのことである。

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
三菱アウトランダーPHEV

受注開始から3ヵ月で集めたオーダーは1万台。それからも続々と増えているという。

新型アウトランダーPHEVの販売計画は1ヵ月あたり1000台だから、すでに想定していた1年ほどの台数に買い手がついているということ。素晴らしいスタートダッシュである。

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
アウトランダーのインパネまわり

なかには「1万5000台なんてホンダN-BOXの1ヵ月分だし、もっと売れているクルマだってたくさんある」なんていう人もいるかもしれない。たしかに数の上ではそうだ。

でもしかし、よく考えてみてほしい。そもそもN-BOXとは車両価格が違う。アウトランダーPHEVは500万円前後もする高価格車(しかも人気は高価格グレードなのだとか)。

販売拠点の数だって、市場シェアだって違う。それが発売後短期間で1万台以上の受注を受けるなんて、凄いことである。

●極上だ

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
人気の秘密は?

人気の理由はどこにあるのか?

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
コスパいいかも

実車に触れてみればわかる。とても500万円台のクルマとは思えない作り込みなのだ。上級グレードになると、リアルアルミのパネルを組み合わせるインパネのフィニッシングや、セミアニリンレザーを張るシートはまるでプレミアムブランドみたいな上質感。

その結果、いいものを買った気持ちになれる。ライバルはBMWやメルセデス・ベンツというのも素直に納得で、価格は高いけれど中身を考えると割安感があってコスパが高いのだ。

そのうえプラグインハイブリッドで、静かで力強い走りも備わっている。ハンドリングもいいし、乗り心地だって極上だ。20インチタイヤを履いているとは思えないほどしなやかで、信じられない。

●コスパのよさ

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
自然に親しまないと!

「カッコいい。どこがというよりは、全体的に。力強いよね。広くて快適だからいろんなところに行きたくなる」

堀江りほ×三菱アウトランダーPHEV
エコは大事。

彼女も新型アウトランダーPHEVを気に入っているようだ。

ところで、アウトランダーPHEVは、環境対応車として国から補助金が交付される。その額は55万円と車両価格の約1割。そのうえ、住んでいる場所によっては自治体の補助も加わってもっともっとリーズナブルに購入することが可能。

たとえば東京都だと45万円の補助が受けられるから、合計で100万円の値引きと同じ状況となる。

ただでさえコスパの高い500万円のクルマが400万円で買えるなら、それはなるほどお買い得。きっとアウトランダーPHEVは、そういう情報を知っている人がこぞって買っているのだろう。もちろん、クルマの出来がいいというのが前提だけど。

(文:工藤 貴宏/今回の“彼女”:堀江りほ/ヘア&メイク:東なつみ/写真:ダン・アオキ)