■北米で発表されたマイチェンモデルは魅力大

スバル「レガシィ」2023年モデルのフロントマスク

SUBARU(スバル)の米国法人が5月13日、マイナーチェンジ版となる「レガシィ」の2023年モデルを発表しました。

同モデルは本年4月に公開された新型「アウトバック」のセダンバージョンとなります。

今回のマイチェンでは迫力の有る専用意匠の大型ラジエターグリルを採用。フロントバンパーやLEDヘッドランプの意匠変更に加え、「コの字」型べゼル内にLEDフォグランプを装備するなどフロントマスクを一新しており、全体的にアグレッシブな印象を受けます。

●最新世代のアイサイトを搭載

スバル「レガシィ」2023年モデルのリヤビュー

安全面では最新世代の「アイサイト・ドライバーアシストテクノロジー」を標準装備。

最上級グレードのツーリングXTには、ステレオカメラのアイサイトと連動する「広角単眼カメラ」が追加されており、カメラの3眼化により視野を拡大。歩行者や自転車の認識性能を高めることで、低速で交差点に進入する際の衝突回避や、衝突時の被害軽減を可能にしています。

●「スポーツ」グレードを追加設定

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのフロントマスク

今回のマイチェンで注目されるのは、既存グレードである「ベース」「プレミアム」「リミテッド」「ツーリングXT」に加えて、「スポーツ」グレードが追加された点。

スバル「レガシィ スポーツ」に設定のリヤスポイラー

ラジエターグリルに赤いアクセントラインが設けられているほか、マグネタイト・グレーメタリック色に塗装されたドアミラーやラゲッジ・スポイラー装備により識別が容易になっており、足元にはグレー色の18インチ アロイホイールを装備しています。

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのインテリア

黒基調で纏められたインテリアにはインパネやステアリングホイール、ドアトリム、シートに赤ステッチをあしらうなど、スポーティな雰囲気を演出。パワームーンルーフなども装備。

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのリヤビュー

一方、パワートレーンには他グレードに搭載の2.5L水平対向NAエンジン(182hp/24.3kgm)に代わり、260hp/38.2kgmを発生する2.4L水平対向ターボエンジンを搭載。足廻りにはスポーツチューンされたサスペンションを採用しています。

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのサイドビュー

今回ご紹介した2023年モデルは、北米で今秋発売予定ですが、迫力満点のフロントマスクは大いに魅力的なだけに、パワートレーンや安全装備も含め、日本仕様のレガシィについても早期アップデートが望まれます。

(Avanti Yasunori)