■アルミニウム製エンジンフード、サベルト製スポーツシートを装備

本格派のスポーツカーに乗りたいけれど、道路や駐車場事情、予算などで断念している方も多いのではないでしょうか。AセグメントのABARTH(アバルト)は、狭い都市部などでも扱いやすく、都内でよく見かけます。

ステランティスジャパンは、ABARTH(アバルト)の高性能スポーツモデル「595 Competizione(コンペティツィオーネ)」をベースに、多くの専用装備でスポーツ性を向上させた限定車の「695 esseesse(エッセエッセ)」を2022年5月28日に発売します。世界限定台数1,390台のうち400台が日本向けに割り振られるそうで、アバルト人気を物語っているといえるでしょう。

アバルト695 エッセエッセ
400台限定の「アバルト695 エッセエッセ」が途上

同限定車は全車5速MT。ベース車と同様に、右ハンドルだけでなく左ハンドル仕様も選択できるのはペダルレイアウトを重視する人にとっては朗報です。

アバルト695 エッセエッセ
「アバルト695 エッセエッセ」のリヤビュー

今回の限定車「695 エッセエッセ」の起源である「695 SS」は、1949年に創業、高性能車メーカーとして発展を遂げたアバルトが、モータースポーツの世界でさらなる高みを目指して1964年に送り出されたモデル。

当時、ツーリングカー選手権は排気量によりクラス分けされ、600cc以下のクラスを制したアバルトは、次なるステップとして700cc以下で競われるカテゴリーへの挑戦を決意しました。

そのベース車両として送り出されたのが「フィアット・アバルト 695」で、さらなる高性能版として「695 SS」が誕生。「SS」は、イタリア語で「エッセエッセ」と発音し、スーパースポーツを意味します。「695 エッセエッセ」は、「695 SS」にオマージュされたモデルです。

アバルト695 エッセエッセ
「アバルト695 エッセエッセ」のコクピット

さて、今回発売される「695 エッセエッセ」は、かつての「695 SS」にヒントを得ながら、現代風のアレンジが加えられた限定車。

ボディカラーには、「695 SS」を彷彿とさせる「Grigio Campovolo(グレー)」「Nero Scorpione(ブラック)」が設定されています。ボディサイドには、スポーティ感を引き立てるホワイトのストライプ、ボディの随所にホワイトアクセントが配され、足元には特別装備の17インチアルミホイールが収まり、レーシングモデルのようなムードが強調されています。

アバルト695 エッセエッセ
専用ロゴエンブレムが備わる

また、サイドの「695」エンブレム、リヤの「695 esseesse」エンブレムが特別なモデルであることを主張しています。

見た目だけでなく、走りも強化。フロントまわりを軽量化するアルミニウム製エンジンフードの採用により、旋回性の向上が図られています。リヤに巨大な角度調整式アジャスタブルスポイラーが備わり、高速走行時のスタビリティも高められています。

アバルト695 エッセエッセ
アクラポビッチ製の高性能エキゾーストシステムを用意

また、ベース車とは異なる「AKRAPOVIC(アクラポビッチ)」製の高性能エキゾーストシステムがスポーティなサウンドを奏でるそう。インテリアもレーシーな仕立てで、「695 esseesse」のロゴをはじめ、ホワイト仕上げバックシェルとなる「Sabelt(サベルト)」製スポーツシート、レッドシートベルトを用意。

アバルト695 エッセエッセ
「アバルト695 エッセエッセ」のサベルト製スポーツシート

ロゴが配されたアルカンターラダッシュボードやフロアマットによりクオリティアップも図られています。また、カーボン調シフトノブやロゴ入りトノカバーが採用されるなど、細部にまでこだわりが貫かれています。

アバルト695 エッセエッセ
角度調整式アジャスタブルスポイラーが備わる

アバルトではお馴染みの「エッセエッセ」。以前登場した「595 エッセエッセ」は、中古車市場には極わずかしか出回っていません。今回発売された「695 エッセエッセ」の400台も早めの完売が予想されます。

アバルト695 エッセエッセ
「アバルト695 エッセエッセ」のリヤビュー

なお、先述したように、ボディカラーは「Grigio Campovolo(グレー)」「Nero Scorpione(ブラック)」の2色、右/左ハンドル車の4タイプが各100台導入されます。

●価格:470万円

(塚田 勝弘)