■“クラウンらしさ”を求めるなら、やはり「セダン」

新型クラウン「セダン」のサイドビュー(筆者予想含む)

先代モデル発売後、意外にも早期に販売に陰りが見えたことから、今秋を目処にフルモデルチェンジを予定しているトヨタ「クラウン」。

わずか4年間で16代目にバトンタッチすることになった訳ですが、その背景にはファストバックデザインの熟成度や、キャビンスペースが魅力のミニバン「アルファード」との競合、さらにはメルセデス・ベンツ、BMW ,アウディなど欧州車の追い上げがあるようです。

新型クラウン「スポーツ」のリヤビュー(筆者予想含む)

新型クラウンは今後「クロスオーバー」に続き、「セダン」やSUVの「スポーツ」、ワゴンの「エステート」を順次投入予定で、グローバルモデルとして約40の国・地域に導入。クラウンシリーズとして年間20万台規模の販売台数を見込んでいるそうです。

●新型クラウンは先代以上に攻めたデザインを採用

そうしたなか、2022年7月15日に公開された新型クラウン「クロスオーバー」は、歴代路線に回帰することなく、従来以上に磨き上げたファストバックデザインを導入。

新型クラウン「クロスオーバー」のサイドビュー

6ライトウインドウも継承しており、海外モデルのトレンドを先取りして、全高を1,540mmとSUV並にリフトアップするなど、大幅な変貌を遂げています。

そんな“攻めの姿勢”に出た新型に対して、国内ユーザーがどんな反応を示しているのかが興味深いところ。

●一見地味な「セダン」が実は最も好評?

新型クラウン「セダン」のサイドビュー(筆者予想含む)

そうしたなか、ある調査結果によると、過半数のユーザーが新型「セダン」を支持している模様で、4モデルのなかで一番クラウンらしいと評価。水平基調のサイドビューや、ファストバックながらも“奇をてらわないモダンさ”が好印象のようです。

新型クラウン「セダン」のリヤビュー(筆者予想含む)

また、フロントオーバーハングがセダンのみ他モデルより長めになっていることから、シリーズで唯一現行のGA-Lプラットフォーム採用により、FR駆動を継承するのでは?との噂もあるようです。

そんなセダンに次いで注目を集めているのが「スポーツ」で、デザイン全体がよくまとまっていることから評価が高く、外観が“スポーツSUVらしい”と支持されている模様。

日本車離れしており「新型クラウンは当初2車型だった?追加したスポーツSUVに注目集まる」でもご紹介したとおり、フロントマスクが年内にフェラーリが発売を予定している「プロサングエ(Purosangue)」に似ていることでも話題になっています。

そして両モデルの人気に「クロスオーバー」とワゴンの「エステート」が続く構図になっています。

●「クロスオーバー」はクラウン以外の車名が良かった?

新型クラウン「クロスオーバー」のリヤビュー

一方、主力モデルの「クロスオーバー」については“斬新なデザインで攻めている”とする一方で、“クラウンのネーミングが不似合いで別車名にした方が良かったのでは?”とする声も少なくない模様。

新型クラウン「クロスオーバー」のサイドビュー

とは言え、クラウンの販売が足踏みする現況を考えると、やはり相応のインパクトが必要であり、今回のような斬新な方向性を打ち出す過程においては、トヨタとしてもかなりの覚悟が伴ったはず。

いみじくも新型クラウン発表会で豊田章男社長が「モデルチェンジの方向性で悩みに悩んだのが“クロスオーバー”」と吐露していることからも、そうした状況が窺え、熟考した結果が今後の受注状況にどう繋がるかが大いに注目されます。

(Avanti Yasunori)