■欧州車の雰囲気を導入して全面刷新

現行トヨタ「シエンタ」のエクステリア

トヨタ自動車が8月下旬に次期モデルの発表を予定しているとされるコンパクトミニバン「シエンタ」。

3代目となる次期型はすでにトヨタ自動車の東日本宮城大衡工場からトレーラーに載せられて搬送を開始しており、巷で目撃されるケースが増えています。

そんな新型シエンタでは、現行ヤリスや新型アクアと同様に「GA-B」プラットフォームを採用。

現行のホイールベースが2,750mmと、もともと両車より150〜200mm長いものの、新型ではさらに30mm程度延長することにより、3列目シートの足元空間に余裕を持たせているようです。

現行トヨタ「シエンタ」のインテリア

一方、車両サイズは現行モデル(全長4,260mm、全幅1,695mm、全高1,675mm)と同様に5ナンバーサイズを踏襲。低床フラットフロアの採用でコンパクトでありながら、ゆとりのある室内空間と乗員に優しい乗降性などで幅広い世代が快適に過ごせる空間を実現。

パワートレーンについてはヤリスクロスと同様、1.5L直3ダイナミックフォースエンジン(NA)をベースにガソリンモデルとハイブリッドモデルを設定。

現行トヨタ「シエンタ」のリヤビュー

現行モデルのWLTCモード燃費は、NAエンジンが17.0km/L、ハイブリッドが22.8km/Lでしたが、新型ではアクアと同じハイブリッドシステムを導入。バイポーラニッケル水素バッテリーの採用などでEV走行が大幅に増加し、燃費も向上する見込み。

安全性能では、衝突被害軽減ブレーキが右左折時の直進車両や横断歩道上の歩行者にも対応可能となり、後方の並走車両を検知して知らせるブラインドスポットインフォメーションも設定される模様。

●新型シエンタの外観はどう変わる?

新型では現行の斬新な意匠と異なり、ルノーのコンパクトモデルにみられる丸味を帯びた外観となっており、一部のグレードに設定される「卍」のモチーフを採用した15インチアロイホイールが目を惹きます。

3代目新型「シエンタ」のエクステリア(筆者予想)

ヘッドランプはハイグレードがプロジェクタータイプで、そのほかはマルチリフレクターを採用。その外周を取り囲むスリットを設けたデイライトもかなり印象的。

前後バンパーのホイールアーチ部に設けた黒色パッドなど、トヨタ車にこれまで無かったサイドビューを形成しており、現行モデルで特徴的だった後ろ下がりのリヤドア後部は逆に後ろ上がりのクォーターパネルで構成。

横基調だったテールランプについても、バックドアガラス両側に縦長に配置することでイメージチェンジを図っています。

3代目新型「シエンタ」のサイドビュー(筆者予想)

全高が現行比で40mmアップしており、後部スライドドアは身長170cmの人物が首をほぼ傾けることなく乗降可能に。3列目シートは約700g軽量化され、格納時の負担を軽減。

ボディカラーはホワイトパールクリスタルシャインなどのモノトーン7色と、2トーン2色の計9色が用意されていますが、発売当初はモノトーンのみ生産。2トーン仕様については2023年以降の生産になる模様。

●8月23日正式発表。気になる車両価格や納期は?

現行モデルは発売からすでに7年が経過していますが、今年に入ってもコンスタントに月平均4,300台を売上げるなど、堅調な販売を維持しており、今回のモデルチェンジではコンパクトクラスミニバンのトップシェアを目指すものと予想されます。

各種情報によると新型シエンタの発表は8月23日に予定されている模様で、すでに販促用のデモ動画(車両概要、試乗シーン、他車比較等)も完成しているようです。

次期モデルでは安全対策や装備の充実化、クォリティアップにより現行モデルに比べ平均で20万円程度アップしており、ガソリンモデル(FF)の場合、5人乗りが195万円〜252万円、同7人乗りが199万円〜256万円となっています。

また人気が集中するハイブリッド(FF)の場合、5人乗りが238万円〜287万円、同7人乗りが242万円〜291万円の設定。

販売店の推奨仕様でオーダーした場合、年内納車もあり得るようですが、そのほかの仕様では2023年中頃になる見通しで、これには部品不足などによる生産調整も影響しているようです。

ちなみに新型シエンタは7月下旬からすでに先行受注がスタートしており、昨今納期が長期化するなか、新型の前評判も上々のようなので、少しでも短納期を目指すなら、選択グレードやオプションパーツの選定も含めて販売店との連携を密にする必要がありそうです。

(Avanti Yasunori)