■「STYLE+ URBAN」は、Originalタイプをベースとした特別仕様車

現行のホンダN-ONEは、先代から「デザインを変えてくれるな」という声に応え、一見すると新旧の見分けがつかないほど、エクステリアデザインはキープコンセプトになっています。

ハイトワゴン(少し全高は低め)らしい居住性、積載性を備えながら、ホンダらしいフットワークの高さ、ターボとの組み合わせで、小気味よい変速フィールを堪能できる6MTも設定されています。

ホンダN-ONE
「N-ONE Original STYLE+ URBAN」の外観。カラーは「ガーデングリーン・メタリック」

そのN-ONEが一部改良を受け、2022年8月26日(金)に発売されました。

また、Nシリーズ誕生10周年を機にスタートした新ブランド「N STYLE+(エヌ スタイルプラス)」から特別仕様車の「STYLE+ URBAN(スタイルプラス アーバン)」も同時に発売されています。

ホンダN-ONE
「Original STYLE+ URBAN」のリヤまわり

Originalタイプをベースとした特別仕様車「STYLE+ URBAN」は、「N STYLE+」シリーズから誕生した1台。

「N STYLE+」シリーズは、ほかの人とは、ひと味違う個性あるデザインを求めるニーズに応えることを目指して、さまざまなNの世界観を提案するブランド。シリーズ第2弾の今回は、「URBAN(アーバン)」というコンセプトを掲げ、都会的で洗練された、シックなデザインを追求したそう。

外観で目を惹くのは、高級感のあるクロームメッキ加飾が際立つフロントグリルで、ブラックで引き締められたライセンスガーニッシュとサイドモールも印象的です。

ホンダN-ONE
「N-ONE Original STYLE+ URBAN」のインパネ

一方の内装には、ウッド調インパネガーニッシュや、落ち着いた配色のシートとフロントドアアームレストを備えるなど、スタイリッシュで大人の雰囲気が漂います。

さらに、運転席と助手席にシートヒーターを備えることで、快適なウインタードライブを提供。

ホンダN-ONE
「RS」のリヤビュー

また、「Premium」ではフォグライトガーニッシュモールやヘッドライトなどの加飾部分が「RS」ではステアリングやシフトレバー周辺のカラーリングが落ち着いたダーク調になり、質感向上が盛り込まれています。

ほかにも、ボディカラーにN-ONEとして新色を4色を設定し、カラーを選ぶ楽しさも増しています。

●価格
N-ONE:159万9400円〜202万2900円
N-ONE Original 特別仕様車「STYLE+ URBAN」:167万9700円(FF)、181万2800円(4WD)

(塚田 勝弘)