■「ジョンクーパーワークス」にのみ用意されているボディカラーを採用

2022年9月15日(木)、MINIシリーズの中でも基本となるモデルである、3ドア、5ドア、コンバーチブルに、特別仕様車「MINI Resolute Edition(レゾリュート・エディション)」が設定されました。

「MINI Resolute Edition」は、「Resolute」の意味である「毅然とした」から命名されていて、その名のとおり、MINIらしいオリジナル性、伝統的なスタイル、自信やカリスマ性が表現されているそう。

MINI Resolute Edition
3ドア、5ドア、コンバーチブルモデルに設定された「MINI Resolute Edition」

高効率なMINIツインパワーガソリンターボエンジンが搭載された「MINI Cooper 3 Door」「MINI Cooper S 3 Door」「MINI Cooper 5 Door」「MINI Cooper S 5 Door」「MINI Cooper S Convertible」をベースに、専用ボディカラーをはじめ、充実装備が用意されています。

MINI Resolute Edition
「ジョンクーパーワークス」のみで選択できるボディカラーの「レベルグリーン」を採用

エクステリアには、「ジョンクーパーワークス」のみで選択できるボディカラーの「レベルグリーン」がペイントされています。

ルーフとミラーキャップは、「レベルグリーン」と対照的な「ペッパーホワイト」になり、印象的なコーディネイトになっています(ブラックルーフ&ブラックミラーキャップも選択可能)。

MINI Resolute Edition
コンバーチブルの「MINI Resolute Edition」

さらに、ボンネットのストライプ、ヘッドライト、ラジエターグリル、テールライトのフレーム、サイドスカットル、ドアとテールゲートのハンドルが専用カラーの「レゾリュートブロンズ」になり、特別仕様車らしい、ほかにはないカラーリングも目を惹きます。

MINI Resolute Edition
「MINI Resolute Edition」のインパネ

一方のインテリアは、「ブラックパール ライトチェッカード」の「クロス レザレット コンビネーション」と「MINI Yoursレザーラウンジ カーボンブラック」から選択が可能。「レゾリュート ブロンズカラー」のインテリアサーフェス、ドアシルプレートにより、内装もカタログモデルとはひと味違った仕立てになっています。

MINI Resolute Edition
「MINI Resolute Edition」のインテリア

先述したように「MINI Resolute Edition」は、充実装備も魅力です。

前車接近警告機能や衝突被害軽減ブレーキ、「レーンディパーチャーウォーニング」機能が標準化されているほか、クルーズコントロール、前後方向の「パークディスタンス・コントロール」や縦列駐車をサポートする「パーキングアシスト」なども用意され、安全性と快適性が引き上げられています。

MINI Resolute Edition
「レゾリュートブロンズ」の専用ストライプも印象的

さらに、「Apple CarPlay」に対応し、MINIのセンターディスプレイに表示し、タッチ操作で「Google Map」やiPhone純正マップの使用、電話やメッセージの送受信なども可能です。また、「MINI APP」接続などのコネクティビティも充実しています。

●価格
「MINI Cooper 3 Door Resolute Edition」:440万円
「MINI Cooper S 3 Door Resolute Edition」:466万円
「MINI Cooper 5 Door Resolute Edition」:451万円
「MINI Cooper S 5 Door Resolute Edition」:477万円
「MINI Cooper S Convertible Resolute Edition」:514万円
※シートの「MINI Yoursレザーラウンジ カーボンブラック」を選択すると、17万1000円高になります。

(塚田 勝弘)