■洗練されたスタイリングと優れたレスポンスを獲得

ホンダの北米部門が2022年11月10日(現地時間)、2023年年初に米国で発売を予定している新型「ACCORD(アコード)」を発表しました。

新型アコードのエクステリア

11代目となる新型アコードは、進化した2モーター式ハイブリッドシステムによりスムーズで上質な走りを実現。最新のコネクティビティーと安全運転支援技術を搭載した新世代のミッドサイズセダンとして開発されました。

エクステリアはロングノーズを強調。従来型より全長を約70mm、リアのトレッドを約10mmそれぞれ拡大することで、幅広で安定感のあるスタイリングとなっており、傾斜の強いリアピラーも伸びやかなシルエットを演出しています。

新型アコードのインテリア

インテリアには独自の表示機能を持つ10.2インチのデジタルメーター・パネルを標準装備。ハイブリッド車には12.3インチのタッチスクリーンを装備しており、最上位モデルには最新のアプリやサービスを搭載した「Google built-in」を初搭載。

ナビゲーション、交通情報のアップデート、音声操作によるエアコンの温度設定などが可能になっており、OSやアプリなどのソフトウェア更新はOTA(Over the Air)によって行います。

●2.0Lハイブリッドシステムと1.5L直4直噴ターボエンジンを用意

新型アコードのエクステリア

2モーター式(駆動用/発電用)ハイブリッドシステムを改良すると共に、新型2.0L直噴エンジンを採用。よりパワフルな走りを実現しており、ハイブリッド車には走りのカスタマイズを可能にするIndividualモードを新たに設定。

1.5LターボモデルはCVTの騒音や振動を低減させると共に、制御をリファインすることで、爽快な走りを実現しています。

●最新の安全運転支援システム「Honda SENSING」を搭載

新型アコードのエクステリア

新たに視野角90度のカメラと視野角120度の広角レーダーを搭載。検知範囲の広角化により、車両や歩行者だけでなく自動車や二輪車に対する認識能力を向上。

また、白線、縁石等の道路境界線や道路標識等の認識能力や、初搭載となるトラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)を追加。衝突防止性能も向上しています。

新型アコードは今後、日本での発売を予定しており、詳細仕様の発表が待たれます。

(Avanti Yasunori)