■911カレラのスポーツサスペンション仕様車を50mm上回る車高を実現

ポルシェジャパンは、新型「ポルシェ911ダカール」の予約受注を2022年11月17日に開始しました。

ロサンゼルスで開催中の「2022年ロサンゼルスオートショー」でワールドプレミアされた2500台限定の新型ポルシェ911ダカールは、911の新たな可能性を具現化したモデルであり、1984年の「パリ-ダカールラリー」でのポルシェ初の総合優勝を想起させる狙いも込められています。

ポルシェ・911ダカール
ポルシェ・911ダカールのエクステリア

このパリダカ制覇で、ポルシェ911の4輪駆動モデルが誕生しています。新型911ダカールには、アイコニックな優勝車を彷彿とさせる「ラリーデザインパッケージ」もオプション設定されています。

ポルシェ・911ダカール
ポルシェ・911ダカールのリヤビュー

911ダカール最大の特徴は、911カレラのスポーツサスペンション仕様車を50mm上回る車高。標準装備のリフトシステムによって、フロントエンドとリヤエンドをさらに30mm上げることもできます。

この車高ランプブレークオーバーアングルは、SUVに匹敵するとしています。リフトシステムは、単に低速走行時に障害物を乗り越えるために設計されているだけではなく、リチューニングされたサスペンションに一体化されています。

ポルシェ・911ダカール
ポルシェ・911ダカールの走行シーン

170km/h以下では、「ハイレベル」設定を使いオフロードアドベンチャーを意欲的に楽しむことができます。170km/hを超えると、車高は自動的に通常の位置まで下がります。

スポーティなオフロード走行に対応するべく、「Pirelli Scorpion All Terrain Plus」タイヤ(フロント245/45ZR19、リヤ295/40ZR20)を専用開発。9mmの深さがあるトレッドパターンをはじめ、補強されたサイドウォールとスレッドが2層のカーカスプライで構成されています。高い耐カット性を備え、難易度の高い地形にも対応するそう。

ポルシェ・911ダカール
ピレリ性の専用タイヤを標準装備

この標準装備の全地形対応タイヤは公道でもスポーツカーのようなダイナミクスを提供するそう。さらに、「Pirelli P Zero」のサマータイヤとウインタータイヤにも2層のカーカスプライを備えた仕様がオプション設定されます。

ポルシェ・911ダカール
ポルシェ・911ダカールのエクステリア

パワートレーンは、3.0Lの水平対向6気筒ツインターボエンジンで、最高出力480PS(353kW)・最大トルク570Nmを発揮。

ハイパフォーマンスと魅力的なボクサーサウンドを奏でながら、0-100km/h加速を3.4秒クリア。最高速は、全地形対応タイヤのため240km/hに制限されています。組み合わされるトランスミッションは8速PDKで、駆動方式は、ポルシェ4WDシステムになります。

●走行モードに「オフロード」「ラリー」を用意

「リヤアクスルステアリング」、911 GT3譲りのエンジンマウント、「PDCCアンチロールスタビリティシステム」も標準化されます。悪路からニュルブルクリンクのようなタフなコースまで同じようにダイナミックに走行することができます。

ポルシェ・911ダカール
2つのオフロード向け走行モードを用意

2つの新しいドライビングモードを、ステアリングホイールのロータリースイッチで選択可能で、オフロード性能の最大化を引き出せます。「ラリー」モードは、起伏のある緩い地面に最適なモードで、リヤ重視の4WD状態になります。「オフロード」モードにすると、車高が自動的に上昇し、難易度の高い地形や砂地でトラクションを最大限に引き出せるそう。

ポルシェ・911ダカール
砂漠を走るポルシェ・911ダカール

また、両方のドライビングモードに、新しいラリーローンチコントロールが備わり、約20%のホイールの空転を許容し、緩い地面での抜群の加速を引き出せるそうです。

911ダカールに追加される装備で特徴的なのは、新開発のCFRP製固定式軽量リヤスポイラーと、911 GT3から採用されたエアアウトレットが目を惹くCFRP製フロントラゲッジコンパートメントリッドです。

ポルシェ・911ダカール
ポルシェ・911ダカールのサイドビュー

また、前後にレッドのアルミニウム製けん引バーを配置し、ワイドなホイールウェルとシル、前後とサイドシルのステンレススチール製保護エレメントなど、オフロード用ディテールも備わります。さらに、フロントエンドのサイドエアインテークが再設計され、ステンレススチール製グリルにより飛石から保護。

●オプションでルーフバスケットなどを用意

また、ルーフには、オプションのルーフバスケットのヘッドライト用12V電源コンセントが見えるように用意されています。42kgの耐荷重を備えた同キャリアには、燃料や水筒、折りたたみ式シャベル、トラクションボードなどのラリー装備を問題なく積載することができるそう。

ポルシェ・911ダカール
ポルシェ・911ダカールのインテリア

なお、ルーフバスケットに装着されたライトの一般公道での使用は禁止されています。そのほか、ルーフテントも設定されています。フルバケットシートが標準化されるインテリアは、後席を取り除くことで、911ダカールがスポーツカーでもあることが感じられます。

軽量ガラスと軽量バッテリーによる軽量化により、車両重量は911カレラ4 GTS(PDK仕様)よりも10kg重い1605kgに収まっています。さらに、「シェイドグリーン」のステッチが施された「Race-Tex」トリムも標準装備。

ポルシェ・911ダカール
オプションでルーフラックを備える

エクステリアのメタリック仕上げも911ダカール専用になります。また、先述したオプションの「ラリーデザインパッケージ」は、「ホワイト/ジェンシャンブルーメタリック」の2トーンカラー仕上げが基本になります。標準モデルの2トーンカラー塗装とラッピングの組み合わせは、ポルシェ初の試み。ボディサイドのレースナンバーを、1から999まで選択することができます。

レッドとゴールドのデコレーティブストライプに加えてドアに「Roughroads」ロゴも配置されます。そのほか、ロールオーバーバー、6点式シートベルトを備えた「ラリースポーツパッケージ」もオプション設定しています。

●価格
「ポルシェ・911ダカール 」:3099万円
「ラリーデザインパッケージ」:433万7000円
(ステアリング位置:左/右)

(塚田勝弘)