■「i7 M70 xDrive」は、659PS(485kW)・最大トルクは1015Nmを発揮するモンスターEV

BMWの最上級サルーンである7シリーズに、後輪駆動バッテリーEVの「BMW i7 eDrive50」「Mハイパフォーマンスモデル」のバッテリーEV「BMW i7 M70 xDrive」が追加されました。2023年5月29日(月)から発売され、デリバリー開始は第4四半期以降の予定になっています。

BMW 7シリーズに追加されたBEVの「i7 M70 xDrive」」
BMW 7シリーズに追加されたBEVの「i7 M70 xDrive」」

現行型7シリーズは2022年7月に日本で販売がスタート。ラグジュアリーセダン初のBEV仕様である「BMW i7」も設定されていました。

そのほか、Amazon FireTVが搭載された世界初の31インチ8Kパノラマ仕様「BMWシアター・スクリーン」など、数多くの最先端装備、快適装備が用意されています。

「i7 M70 xDrive」のコクピット
「i7 M70 xDrive」のコクピット

「BMW i7 eDrive50」は、最高出力455PS(335kW)を発揮するモーターで後輪を駆動するBMW伝統の後輪駆動モデル。650Nmという最大トルクを発揮し、0-100km/h加速は5.5秒でクリアするそうです。

ボディ床下に配置されるリチウムイオンバッテリーの総エネルギー量は105.7kWhもあり、一充電での走行可能距離は約575〜611km。なお、スペックはすべてヨーロッパ仕様値になります。

「i7 M70 xDrive」のリヤビュー
「i7 M70 xDrive」のリヤビュー

もう1台の「BMW i7 M70 xDrive」は、最高出力258PS(190kW)を発生するモーターを前輪に、最高出力489PS(360kW)のリヤモーターを後輪に配置する4輪駆動モデルの「Mハイパフォーマンスモデル」です。

システムトータルでの最高出力は659PS(485kW)・最大トルクは1015Nmに達し、0-100km/h加速は3.7秒でクリア。ボディ床下のリチウムイオン電池の総エネルギー量は105.7kWhで、一充電での走行可能距離は488〜560kmとなっています。こちらもスペックは、すべて欧州仕様値です。

「i7 M70 xDrive」のセンターコンソールまわり
「i7 M70 xDrive」のセンターコンソールまわり

●価格
「BMW i7 eDrive50 Excellence」:1598万円
「BMW i7 eDrive50 M Sport」:1598万円
「BMW i7 M70 xDrive」:2198万円

(塚田 勝弘)