■先代のスーツケースから大容量コンテナにデザインモチーフを変更

以前お伝えしたように、「ジャパンモビリティショー2023」でコンセプトカーが初披露されたスズキ・スペーシア/スペーシアカスタムの市販仕様が発表されました。発売日は、2023年11月22日です。

新型スペーシアカスタム(写真左)と新型スペーシア(写真右)
新型スペーシアカスタム(写真左)と新型スペーシア(写真右)

軽スーパーハイトワゴンでは、軽自動車だけでなく登録車も含めて、日本で最も売れている王者『ホンダN-BOX』が新型にスイッチしたばかり。ライバルは、N-BOXのほかに、ダイハツ・タント、日産ルークス、三菱eKスペース、デリカミニがあります。

新型スペーシアのフロントマスク。大型リフレクターLEDヘッドランプを採用
新型スペーシアのフロントマスク。大型リフレクターLEDヘッドランプを採用

スペーシアは、スズキでトップの販売台数となっていて、同クラスは、軽自動車の中でも最激戦区となっています。

ここでは、エクステリアを中心に、新型スペーシア/スペーシア カスタムの特徴をお届けします。市販モデルの見た目は、コンセプトカー専用の装備やアクセサリーを除き、ほぼコンセプトカーと同じ。

新型スペーシアのサイドビュー
新型スペーシアのサイドビュー

先代スペーシアは、スーツケースをモチーフにしたユニークな内外装が与えられていました。

新型は、大容量のコンテナをデザインモチーフとしています。ひと目でスペーシアと分かる見た目と、室内や荷室の広さをうかがわせるフォルムとなっています。

●プレス成形による2本のビード形状と力強いキャラクターライン

新型スペーシアカスタムのサイドビュー
新型スペーシアカスタムのサイドビュー

印象的なのは、アウタードアハンドル付近に2本配された、プレス成形によるビード形状と呼ぶラインと、フロントからリヤまで貫かれるキャラクターライン。このボディ中央付近のキャラクターラインは、上下を分割し、コンテナを台車に載せたようなイメージが込められています。

また、単なる箱型とはせずに、ボディ四隅を面取(角を45度で削いだような)し、威圧感を減らしている印象も受けます。

全幅は先代と同値だが、ルーフ幅を拡大し、安定感のあるシルエットに
全幅は先代と同値だが、ルーフ幅を拡大し、安定感のあるシルエットに

一方で、ボディサイズは先代と同じ全長3395×全幅1475×全高1785mmとしながらも、ボディのルーフ幅を広げることで、ワイドでがっしりと見えるシルエットになっています。

先代は上に行くほど内側に絞られていましたが、内側への絞りを抑え、かなりスクエアに近い外観になりました。

新型スペーシアのリヤビュー
新型スペーシアのリヤビュー

ディテールでは、Dピラーのボディ同色化により、コンテナのような大きさや丈夫さを演出。さらに、2トーンルーフ仕様には、Dピラーのルーフと外装色をつなぐ部分に、シルバーデカールのピラーアクセントが配され、遊び心が表現されています。

そのほか、スペーシア、カスタムともに車名ロゴが一新されています。

スペーシアとカスタムは、ルーフやドアパネル、バックドア、リヤフェンダー、テールランプのアウターレンズなどは同じで、フードとフロントフェンダー、ヘッドライトが異なっています。

スペーシアの新ロゴ
スペーシアの新ロゴ

基準仕様といえるスペーシアには、親しみやすさを覚える、角を面取したほぼスクエアなLEDヘッドランプが採用されています。スペーシアの車名ロゴは、タグプレートをモチーフにしたデザインに一新されています。文字部分がくり抜かれていて、ボディカラーによって表情が変化します。

スペーシアは、14インチフルホイールキャップになる。写真はシルバー×ベージュの2トーン
スペーシアは、14インチフルホイールキャップになる。写真はシルバー×ベージュの2トーン

ボディカラーには、新色も設定されています。春に咲く花のような、柔らかみのある色を表現したという「ミモザイエローパールメタリック」、 使い込んだ革製品のような深みのある色を目指したという「トーニーブラウンメタリック」を用意。

また、2トーンルーフ仕様車のルーフ色に「ソフトベージュ」が採用されています(スペーシア HYBRID Xに用意)。スペーシアはモノトーンが8色、ソフトベージュ2トーンルーフが4色の全12パターン展開です。

●精悍で上質感を追求したカスタム

新型スペーシアカスタムのフロントマスク。薄型LEDヘッドランプを採用
新型スペーシアカスタムのフロントマスク。薄型LEDヘッドランプを採用

カスタムの外観をチェックします。

フロントマスクは、メッキと艶のあるブラックが組み合わされた大型フロントグリルやメッキフロントバンパーガーニッシュにより、引き締まった精悍な表情となっています。

新型スペーシアカスタムのリヤビュー
新型スペーシアカスタムのリヤビュー

リヤビューは、メッキバックドアガーニッシュをはじめ、ルーフエンドスポイラーやクリアタイプのリヤコンビランプ(クリスタル感のある肉厚インナーレンズを採用)がスポーティな雰囲気を醸し出しています。

ヘッドランプも専用で、内部がブラック化された薄型フルLEDヘッドランプとLEDフロントシーケンシャルターンランプが上質感や先進性をアピール。LEDヘッドランプのカバーは、クロームデリート化されています。

新型スペーシアカスタムのエクステリア
新型スペーシアカスタムのエクステリア

足元には、「HYBRID XS」「HYBRID XSターボ」に、スタイリッシュなデザインの15インチ切削アルミホイールを用意。カスタムの車名ロゴは、文字部分に内装色と呼応するボルドーカラーが採用されていて、華やかで上質感のあるムードが演出されています。

新デザインの15インチ切削アルミホイール
新デザインの15インチ切削アルミホイール

カスタムのボディカラーは、「ピュアホワイトパール」や「インディゴブルーメタリック2」などの上質感のあるカラーをはじめ、モノトーン7色、ブラック2トーンルーフ(カスタム HYBRID XS、HYBRID XSターボ )が4色の計11パターンから選択できます。

スペーシアカスタムの新ロゴ
スペーシアカスタムの新ロゴ

そのほか、スペーシア、カスタムともに、クラストップレベルの乗降性の高さも健在で、リヤステップ地上高を345mmに抑え、600mmのスライドドア開口幅、1250mmのスライド開口高を備え、持ち手部分が拡大された乗降グリップによりさらに乗り降りがしやすくなっています。

低床設計による乗降性の高さも魅力
低床設計による乗降性の高さも魅力

●ボディサイズ:全長3395×全幅1475×全高1785mm
●ホイールベース:2460mm

●スペーシア価格帯:153万100円〜182万4900円
●スペーシアカスタム価格帯:180万1800円〜219万3400円
●2トーンルーフ仕様車(スペーシア HYBRID X、カスタム HYBRID XS、カスタム HYBRID XSターボ)価格:6万500円高
●ピュアホワイトパール塗装車(全車):2万7500円高
●スチールシルバーメタリック塗装車(カスタム):2万7500円高
●ピュアホワイトパール ブラック 2トーンルーフ仕様車、スチールシルバーメタリック ブラック 2トーンルーフ仕様車(カスタム HYBRID XS、 カスタム HYBRID XSターボ):8万8000円高

(文:塚田 勝弘/写真:井上 誠)