■インテリアの上質感は軽スーパーハイトワゴンでもトップクラス

2023年11月9日に発表、同月22日に発売される新型スズキ・スペーシア/スペーシアカスタムは、同社の販売台数でトップとなる稼ぎ頭。

フルモデルチェンジを受けた新型スズキ・スペーシア
フルモデルチェンジを受けた新型スズキ・スペーシア

ここでは、インテリアとラゲッジスペース、使い勝手などについてお伝えします。

軽自動車の規格に収めるため、広さ自慢の軽スーパーハイトワゴンといえども、パッケージング的には各モデル(各社)ともに限界に近いところまで来ているはず。

新型スズキ・スペーシアカスタムのエクステリア
新型スズキ・スペーシアカスタムのエクステリア

プラットフォームは、スズキお馴染みの「HEARTECT(ハーテクト)」 で、2460mmのホイールベースを含め、ボディサイズは先代と同じです。

アッパーとロアに分かれたインパネまわりは、アッパーとドアトリムに連続感があり、ボリューム感を高めることで、心地良さと使い勝手の高さを両立しています。内装のクオリティは、ライバルと比べても上のレベルにある印象を受けます。

スズキ・スペーシアのインパネ
スズキ・スペーシアのインパネ

アッパー中央部には、オプションの9インチメモリーナビゲーションが配置され、インパネとドアトリム上部に、柔らかな造形の断面が使われていて、陰影による上質感が演出されています。

新型スペーシアのインパネアッパーとドアトリム上部
新型スペーシアのインパネアッパーとドアトリム上部

4.2インチメーターパネルは、コンパクトながらも視認性が向上された新デジタルメーターとなっていて、ステアリングは、小型化された丸型センターパッドと6時スポークにより立体感を醸し出しています。

なお、ステアリングの左側にマルチインフォメーションディスプレイ操作用の十字スイッチも搭載。手を離さずにディスプレイ内の表示コンテンツの切り替えなどの操作が可能です。ドライバーの視認性を高める機能として、ヘッドアップディスプレイもカスタムのXS系に標準化されています。

新型スペーシアカスタムのインパネ
新型スペーシアカスタムのインパネ

ロア部は、先代のリッド付収納からリッドなしのビッグオープントレーに変更。さっと小物を置いて取れる形状になっています。その下には、先代同様に引き出し式の収納を用意。センタークラスターには、インパネシフトやエアコンパネルなどが配されています。

スズキ軽初の電動パーキングブレーキ
スズキ軽初の電動パーキングブレーキ

スズキの軽初となる電動パーキングブレーキの搭載もトピックスで、停車時にブレーキを踏み込むことで停止状態を維持するブレーキホールドも用意されています。そのほか、ステアリングヒーターの設定もスズキの軽では初です。

●「スズキコネクト」連携機能を備えた9インチメモリーナビゲーションをオプション設定

大型オープントレーとその下の引き出し式収納
大型オープントレーとその下の引き出し式収納

先述したメーカーオプションの9インチメモリーナビゲーションは、ドライブレコーダー連動、HDMI入力対応、「スズキコネクト」連携機能が新たに加わっています。

「スズキコネクト」は、スズキ緊急通報やスズキトラブルサポート、各種アプリサービスに加えて、「スズキコネクト」加入者があらかじめ登録した家族などと、同機能をシェアすることができるシェア機能を新たに追加されています。

スズキ軽初の電動パーキングブレーキ
スズキ軽初の電動パーキングブレーキ

また、9インチメモリーナビゲーションとの連携機能により、警告灯の点灯やリコールなどの通知をナビ画面に表示。スズキトラブルサポートへの発信やコネクテッドサービスの一時停止、停止解除がナビ画面上で操作できるようになっています。

ディテールでは、外観と同様に、カップホルダーやインパネボックス、前席ドアトリムにビード形状が配されていて、遊び心のある仕立てになっています。

新設計の格納式パーソナルテーブル
新設計の格納式パーソナルテーブル

スペーシアは、こうした造形や操作系を基調に、明るい色調のブラウン×カフェラテの2トーンが印象的。一方のカスタムは、黒を基調にセミマットなボルドーをインパネアッパーやドアトリムに配置され、カスタムは精悍なだけでなく、華のあるホテルのラウンジのような上質感が持ち味となっています。

新型スペーシアのフロントシート
新型スペーシアのフロントシート

また、シート表皮はHYBRID GSのファブリックの他に、HYBRID XS系にサイド部をボルスター合皮としたファブリック×合皮仕様とすることで、ツヤ感や触感、見た目で差を付けています。

●オットマン、座面前後長の延長、荷物のストッパーにもなる「マルチユースフラップ」

「マルチユースフラップ」のオットマンモード
「マルチユースフラップ」のオットマンモード

前後別々にスライドできる後席は、足元、頭上ともに広いのはもちろんのこと、オットマンや座面の延長、座面に載せた荷物のストッパーにもなる1人3役、三刀流の「マルチユースフラップ」の採用がトピックス。

「マルチユースフラップ」の座面延長モード
「マルチユースフラップ」の座面延長モード

フラップの位置や角度を調整することで、今までの軽にはない、くつろぎ感を得られるオットマンモード、走行中の姿勢安定をサポートするレッグサポートモード(座面前後長を延長するイメージ)、そして、荷物の落下防止をサポートする荷物ストッパーモードの3つのモードに変更できます。

座面に置いた荷物のストッパーにもなる「マルチユースフラップ」
座面に置いた荷物のストッパーにもなる「マルチユースフラップ」

さらに後席には、左右席にそれぞれセンターアームレストも備わり、「マルチユースフラップ」のオットマンモードと併用することで、従来の軽自動車とは一線を画す後席快適性を実現。なお、「マルチユースフラップ」と後席アームレストは、スペーシア HYBRID X、カスタム HYBRID XS、HYBRID XSターボに用意されています。

静粛性の向上が図られたスリムサーキュレーター
静粛性の向上が図られたスリムサーキュレーター

さらに、後席頭上にあるスリムサーキュレーター(エアコンの風を後席に送る)の静粛性向上、前席裏にある格納式パーソナルテーブルの使い勝手向上(タブレットなどを立てられるストッパー、500ml紙パックなどが置けるホルダー、ショッピングフックの採用)も盛り込まれていて、こちらもスペーシア HYBRID X、カスタム HYBRID XS、HYBRID XSターボに標準装備されています。

よりフラットになった後席格納時
よりフラットになった後席格納時

また、ラゲッジスペースの地上開口高の低さや、開口部下側に自転車のタイヤを載せて出し入れできるガイド線の配置など、使い勝手の高さは健在です。

加えて、先代よりも後席格納時の床面がフラットになり、荷室高が拡大したことで、自転車などの大きな荷物がより積み込みやすくなっているのも朗報です。

軽スーパーハイトワゴンに求められる広さや使い勝手に加えて、後席の快適性や自転車などの大きな荷物の積載性を高めた新型スペーシア、スペーシアカスタム。並みいるライバルに対するアドバンテージとなっています。

後席は左右別々にスライドが可能
後席は左右別々にスライドが可能

●ボディサイズ:全長3395×全幅1475×全高1785mm
●ホイールベース:2460mm

●スペーシア価格帯:153万100円〜182万4900円
●スペーシアカスタム価格帯:180万1800円〜219万3400円

●全方位モニター付メモリーナビゲーション・スズキコネクト対応通信機 メモリーナビゲーション、全方位モニター用カメラ、USBソケット、GPSアンテナ、TV用ガラスアンテナ、 ハンズフリーマイク、メモリーナビゲーション専用オーディオガーニッシュ、SOSボタン・スズキコネクト対応通信機:19万5800円(メーカオプション価格)

(文:塚田 勝弘/写真:井上 誠)