■クアドリフォリオ専用の「カーボンファイバー3D仕上げ」インテリアを用意

2023年11月28日、アルファ ロメオのスポーツセダンであるジュリア、プレミアムSUVのステルヴィオが一部改良を受けました。両モデルともに「Quadrifoglio(クアドリフォリオ)」グレードが一部改良の対象で、同日から発売されています。

ジュリアとステルヴィオのクアドリフォリオが一部改良を実施
ジュリアとステルヴィオのクアドリフォリオが一部改良を実施

「クアドリフォリオ」は、ジュリアとステルヴィオの最上級グレード。今回、スポーツドライビング時の走りを高める「メカニカル・リミテッド・スリップ・ディファレンシャル」が、同グレードに初めて搭載されています。コーナリング時に後輪左右の速度差を制御することで、エンジントルクを無駄なく路面へと伝達し、コントロール性や安定性を向上。

ジュリアとステルヴィオのクアドリフォリオが一部改良を実施
ジュリアとステルヴィオのクアドリフォリオが一部改良を実施

内装では、12.3インチのデジタルクラスターメーターが新たに採用され、すでに採用済みのグレードでは表示パターンが充実されています。「Evolved」「Relax」「Heritage」に加え、「Race」の選択が可能になっています。

クアドリフォリオのインテリア
クアドリフォリオのインテリア

「Race」レイアウトでは、スポーツドライビングに不可欠なレブカウンター、スピードメーター、マニュアル走行時のシフトランプといった情報を中央に集約。また、レイアウトをカスタマイズすることで、追加情報をサイドダイヤルに配置することもできるようになっています。

ほかにもインテリアに、クアドリフォリオ専用の「カーボンファイバー3D仕上げ」を新たに採用。従来のカーボンパネルに比べて、カーボンの織り目が立体的に表現され、レーシーかつ独特の触感を持つマットな仕上がりを享受できます。

レーシーになったカーボン柄のセンターコンソールまわり
レーシーになったカーボン柄のセンターコンソールまわり

搭載されるパワートレーンは、510ps/6500rpm・600Nm/2550rpmの2.9L V型6気筒ツインターボで、8速ATが組み合わされています。

なお、期間中に「ジュリア・クアドリフォリオ」もしくは「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」の成約および登録で「Alfa Romeo ドライビングアカデミー」の招待チケットがプレゼントされます。

アルファ ロメオ・ジュリアの走り
アルファ ロメオ・ジュリアの走り

●対象モデル:「Giulia Quadrifoglio」「Stelvio Quadrifoglio」(11月28日発表モデル)
●キャンペーン条件:2024年3月末日までの成約および登録
●内容:インストラクターの指導のもと、レーシングコースで「Quadrifoglio」の性能を最大限引き出し、操る楽しさを実感できる「Alfa Romeo Driving Academy」への招待
●開催予定日:2024年6月29日(土)

ステルヴィオのクアドリフォリオ
ステルヴィオのクアドリフォリオ

●価格
「Giulia Quadrifoglio」:1340万円
「Stelvio Quadrifoglio」:1383万円

(塚田 勝弘)