OPTION誌1982年8月号、ニッサン・シルエットフォーミュラマシンの代表格、TOMICAスカイラインが見開きでドーン!です。

もう、何も言わなくて良いかと思います。ただただ、画像を眺めるだけで満足な1台です。

このレースをきっかけに、街中に溢れた街道レーサーたち。また今現在、サーキットのタイムアタック用に作られている厳つい目のクルマも、この時代のスーパーシルエットばりのスタイルを持っていると思いませんか? このカタチが、強く速い象徴なのです。

R30スカイラインはこの時代、最高速やゼロヨン・ベース車両としても大人気。GT-Rの名を与えられたグレードはありませんでしたが、名車中のトップクラスに名を連ねる1台です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スカイライン・ターボ

4VALVE DOHC RS-TURBO

OPTION待望のスカイライン・ターボが登場した。スーパーシルエット用の化物マシンだ。このモディファイぶりにはポルシェ935なんかメじゃない。あのスカG・Rは現代的な「超スーパー・スカイライン」として蘇ったのである。あくまでも低く、ワイドなボディは、まさに地を這うスペース・ファイターの姿だ。

 

その正体は、新設計セミ・モノコックフレームにスカイラインの皮を被せただけ。

心臓部はLZ20B型2リッター・DOHC4バルブに、巨大なエアリサーチ製T05Bターボで武装されている。

最高パワーは570ps。そして、55kgmの強力なトルクが凄い。

デビューレースは炎上というショッキングな事態が発生したが、化物の出現にふさわしい出来事でもある。

もう、コイツから目が離せない。サーキットに復活したスカイライン、万歳!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

TOMICAスカイラインはその名の通り、トミカのミニカー界では今現在もプレミアムが付くほどの大人気車種。ひと目で分かる、あの長谷見選手が歴史を作った伝説の一台。まさに、万歳!

[OPTION 1982年8月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)