■STANLEY NSX-GTがQ1トップで大進撃

11月5日(土)、6日(日)に栃木県のモビリティリゾートもてぎで開催の2022 AUTOBACS SUPER GT 第8戦(最終戦)「MOTEGI GT 300km RACE GRAND FINAL」。5日(土)には公式予選が行われました。天候は晴れ渡る快晴といえますが気温は17℃と低めで、路面温度もQ1A組開始時では28度となっていました。

STANLEY NSX-GT
STANLEY NSX-GT

GT500クラスの予選Q1開始時刻は14時53分。普段の予選では開始から3分間は動きのないGT500クラスですが、この路面温度の低さのせいか開始時刻早々から各車ウォームアップ走行に入っていきます。

WedsSport ADVAN GR Supra
WedsSport ADVAN GR Supra

しかしランキングトップの3号車 CRAFTSPORTS MOTUL Zとランキング2位のカルソニック IMPUL Zは開始から4分を過ぎようという頃に遅れてコースイン。

CRAFTSPORTS MOTUL Zは1周のウォームアップからいきなり1分36秒129というタイムを出してきます。

CRAFTSPORTS MOTUL Z
CRAFTSPORTS MOTUL Z

その直後、100号車 STANLEY NSX-GTの山本尚貴選手が1分35秒615でトップタイムをマークしてきます。

このタイムがQ1のトップタイムとなり、STANLEY NSX-GTが速さを見せつけた形となりました。

この予選Q1ではランキング3位だったAstemo NSX-GTが10番手でQ2進出ならず。

Astemo NSX-GT
Astemo NSX-GT

ポールtoウインがチャンピオンの必須条件だった14号車 ENEOS X PRIME GR Supraは11番手となってしまいチャンピオンの権利を失ってしまいました。

ENEOS X PRIME GR Supra
ENEOS X PRIME GR Supra

また他力ながらチャンピオンの可能性があった37号車 KeePer TOM’S GR Supraは14番手と低迷し、チャンピオン争いに残ることができるのかどうか微妙なポジションとなっています。

KeePer TOM’S GR Supra
KeePer TOM’S GR Supra

●最後の最後で大逆転。STANLEY NSX-GTの牧野選手が初ポール

GT300クラスのQ2で赤旗が出たためにGT500クラスのQ2は予定よりも13分遅れの15時44分に開始。Q1同様に10分間の走行時間でポールポジションを競います。

STANLEY NSX-GT
STANLEY NSX-GT

15時台とはいえ陽光はかなり横からとなってしまうために路面温度はさらに下がって22度となっていきます。このため、Q1と同様に各社はQ2開始と同時にほとんどがコースに出ます。

CRAFTSPORTS MOTUL Z
CRAFTSPORTS MOTUL Z

それでもQ2に進出したランキング上位の3台はスタート時のタイヤを温存するためか、少し遅れてコースイン。

残り8分ほどでSTANLEY NSX-GTとカルソニック IMPUL Zがコースイン。そして残り6分台となって最後にCRAFTSPORTS MOTUL Zがコースインします。

カルソニック IMPUL Z
カルソニック IMPUL Z

CRAFTSPORTS MOTUL Zは1周のウォームアップから1分35秒916のタイムを叩き出して、トップとなります。しかしラスト1分で、19号車 WedsSport ADVAN GR Supraが1分35秒306とコースレコードでトップを奪います。

WedsSport ADVAN GR Supra
WedsSport ADVAN GR Supra

このままWedsSport ADVAN GR Supraの今季5回目のポールポジションかと思いきや、チェッカーラップに100号車が1分35秒194を叩き出しての大逆転で今季初のポールポジションを奪い取りました。

牧野任祐選手は、これがSUPER GT初のポールポジションとなります。

STANLEY NSX-GT
STANLEY NSX-GT

チャンピオン獲得には優勝以外ないSTANLEY NSX-GTにとってはうれしすぎるポールポジションです。予選2番手にはWedsSport ADVAN GR Supraがはいります。

ポールポジションを喜ぶSTANLEY NSX-GTのドライバー
ポールポジションを喜ぶSTANLEY NSX-GTのドライバー

予選3番手はカルソニック IMPUL Z、4位には CRAFTSPORTS MOTUL Zとランキングトップ2がセカンドローに並んでの決勝となります。

ポールポジションを喜ぶSTANLEY NSX-GTのドライバー
ポールポジションを喜ぶSTANLEY NSX-GTのドライバー
ポールポジションのTANLEY NSX-GTのドライバー、山本選手と牧野選手
ポールポジションのTANLEY NSX-GTのドライバー、山本選手と牧野選手

このスターティンググリッドで行われる決勝レースでは、スタートからチャンピオンをかけた激しいバトルが展開しそうで、目が離せません。

そんな決勝レースは6日(日)13時から63周で競われます。

【SUPER GT2022 第8戦 もてぎ GT500 予選結果】

順位 ゼッケン 車名 ドライバー タイム
1 100 STANLEY NSX-GT 山本尚貴 牧野任祐 1’35.194 R
2 19 WedsSport ADVAN GR Supra 国本雄資 阪口晴南 1’35.306 R
3 12 カルソニック IMPUL Z 平峰一貴 ベルトラン・バゲット 1’35.752
4 3 CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代勝正 高星明誠 1’35.916
5 24 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木大樹 平手晃平 1’36.000
6 8 ARTA NSX-GT 野尻智紀 福住仁嶺 1’36.039
7 64 Modulo NSX-GT 伊沢拓也 大津弘樹 1’36.523
8 16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT 笹原右京 大湯都史樹 1’40.059
9 23 MOTUL AUTECH Z 松田次生 ロニー・クインタレッリ 1’36.390
10 17 Astemo NSX-GT 塚越広大 松下信治 1’36.440
11 914 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋和也 山下健太 1’36.441
12 39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口雄飛 中山雄一 1’36.590
13 38 ZENT CERUMO GR Supra 立川祐路 石浦宏明 1’36.754
14 37 KeePer TOM’S GR Supra サッシャ・フェネストラズ 宮田莉朋 1’36.886
15 36 au TOM’S GR Supra 坪井 翔 ジュリアーノ・アレジ 1’37.006

ポールポジションを喜ぶSTANLEY NSX-GTのレースクイーン
ポールポジションを喜ぶSTANLEY NSX-GTのレースクイーン

(写真:吉見 幸夫、松永 和浩/文:松永 和浩)