■トップ3は3メーカー入り乱れての予選Q1

9月16日(土)、17日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで開催の2023 AUTOBACS SUPER GT第6戦「SUGO GT 300km RACE」。9月16日には公式予選が行われました。

MOTUL AUTECH Z
MOTUL AUTECH Z

GT500の予選Q1は15時13分より始まります。GT300の予選Q1 A組の最初に雨が降り出してはいましたが、この雨は直ぐに止み、GT300の予選Q2 B組では路面のレコードラインはドライとなって全車がスリックタイヤでアタックしており、ウェット宣言は継続されてはいるもののGT500のQ1も全車がスリックタイヤでのアタックとなりました。

ZENT CERUMO GR Supra
ZENT CERUMO GR Supra

残り時間が3分を切ったあたりでアタックを始めるマシンが出てきます。そして2分を切ったところで、38号車 ZENT CERUMO GR Supraの石浦宏明選手がウォームアップ2周から1分10秒448でトップに躍り出ます。今季でGT500のドライバーを引退するチームメイトの立川祐路選手のSUGOラストアタックに、しっかりとバトンをつないだ形となりました。

DENSO KOBELCO SARD GR Supra
DENSO KOBELCO SARD GR Supra

39号車 DENSO KOBELCO SARD GR Supraが同じ周にZENT CERUMO GR Supraを上回る1分10秒334を出してトップに躍り出ますが、さらにその直後、23号車 MOTUL AUTECH Zが1分10秒164を叩き出して一気にトップに立ち、一番早いタイムでQ2へ進出。3番手にはAstemo NSX-GTが入り、トップ3は3メーカーが入り乱れるカタチとなりました。

Astemo NSX-GT
Astemo NSX-GT

現在ランキングトップの3号車 Niterra MOTUL Zは燃料リストラクター+48kg、ウェイト換算で98kgのサクセスウェイトを積んでいる計算でありながら、Q2進出のボーダーラインである8位でQ1を終えています。

●コースレコードが次々と塗り替わったQ2

GT500の予選Q2は15時51分に始まりました。コースオープンの頃には陽が差しており路面はドライとなります。そしてWET宣言は解除され、スリックタイヤでのアタックとなります。

ZENT CERUMO GR Supra
ZENT CERUMO GR Supra

SUGOラストアタックとなるZENT CERUMO GR Supraの立川祐路選手はウォームアップ2周からのタイムアタックを始めます。

ポールポジションには至りませんが、1分10秒510というタイムで決勝レースでは6番手からのスタートを決めます。

Niterra MOTUL Z
Niterra MOTUL Z

実際に、最初にアタックを始めたのはNiterra MOTUL Zで2周に及ぶ連続アタックから1分10秒735を出します。

終盤に入ると17号車 Astemo NSX-GTが、1分9秒607を出してトップに浮上。これは2022年第6戦SUGOでの19号車 WedsSport ADVAN GR Supraの阪口晴南選手の、1分9秒627というコースレコードを破っています。

Astemo NSX-GT
Astemo NSX-GT

しかし、直後にMOTUL AUTECH Zのロニー・クインタレッリ選手が、1分9秒486というコースレコードで記録を塗り替えます。

MOTUL AUTECH Z
MOTUL AUTECH Z

コースレコードが連発した終盤にあって、MOTUL AUTECH Zを上回る区間タイムで駆け抜けるマシンがいます。8号車 ARTA MUGEN NSX-GTの大湯都史樹選手です。

8号車 ARTA MUGEN NSX-GT
8号車 ARTA MUGEN NSX-GT

大湯選手は1分9秒413というタイムでコースレコードをさらに更新。文句無しのポールポジションを獲得しました。

大湯選手にとっては自身の手によるポールポジションは初となります。また第5戦鈴鹿の16号車 ARTA MUGEN NSX-GTのポールポジションに続いて、ARTAはチームとして連続ポールポジションを獲得したことになります。

8号車 ARTA MUGEN NSX-GTのドライバー、野尻智紀選手、鈴木亜久里監督、大湯都史樹選手
8号車 ARTA MUGEN NSX-GTのドライバー、野尻智紀選手、鈴木亜久里監督、大湯都史樹選手

2番手は23号車 MOTUL AUTECH Z、3番手は17号車 Astemo NSX-GTとなり、上位3台のマシンがコースレコードを更新したという事となります。

ポールポジションを喜ぶレースクイーン
ポールポジションを喜ぶレースクイーン

17日の決勝は13時30分にスタート。これまで4戦連続で行われてきた450kmに比べると短い300kmのレースはスプリント的な要素もあり、非常に速度域の高い展開が予想されます。

●スーパーGT2023第6戦 SUGO GT500予選結果

順位 ゼッケン 車名 ドライバー タイム
1 #8 ARTA MUGEN NSX-GT 野尻 智紀、大湯 都史樹 1’09.413 R
2 #23 MOTUL AUTECH Z 松田 次生、ロニー・クインタレッリ 1’09.486 R
3 #17 Astemo NSX-GT 塚越 広大、松下 信治 1’09.607 R
4 #39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra 関口 雄飛、中山 雄一 1’10.274
5 #38 ZENT CERUMO GR Supra 立川 祐路、石浦 宏明 1’10.510
6 #37 Deloitte TOM’S GR Supra 笹原 右京、ジュリアーノ・アレジ 1’10.623
7 #24 リアライズコーポレーション ADVAN Z 佐々木 大樹、平手 晃平 1’10.727
8 #3 Niterra MOTUL Z 千代 勝正、高星 明誠 1’10.735
9 #14 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋 和也、山下 健太 1’10.613
10 #100 STANLEY NSX-GT 山本 尚貴 牧野 任祐 1’10.675
11 #19 WedsSport ADVAN GR Supra 国本 雄資、阪口 晴南 1’10.789
12 #36 au TOM’S GR Supra 坪井 翔、宮田 莉朋 1’10.800
13 #16 ARTA MUGEN NSX-GT 福住 仁嶺、大津 弘樹 1’10.804
14 #1 MARELLI IMPUL Z 平峰 一貴、ベルトラン・バゲット 1’10.949
15 #64 Modulo NSX-GT 伊沢 拓也、太田 格之進 1’11.241

(文:松永 和浩 /写真:吉見 幸夫、松永和浩)

8号車 ARTA MUGEN NSX-GT 8号車 ARTA MUGEN NSX-GT Astemo NSX-GT Astemo NSX-GT MOTUL AUTECH Z MOTUL AUTECH Z MOTUL AUTECH Z DENSO KOBELCO SARD GR Supra DENSO KOBELCO SARD GR Supra ZENT CERUMO GR Supra ZENT CERUMO GR Supra 8号車 ARTA MUGEN NSX-GTのドライバー、野尻智紀選手、鈴木亜久里監督、大湯都史樹選手 ポールポジションを喜ぶレースクイーン