プジョーの最上級サルーン「508」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

カモフラージュでディテールは隠されていますが、現行モデルのノッチバックスタイルから一変、アウディ「A7」を彷彿させる「ファストバック・クーペ」シルエットに、カメラマンも衝撃を受けたといいます。

プラットフォームにはPSAの「EMP2」を作用し、ホイールベースを延長、トレッドも拡大され、CセグメントからDセグメントへ移行されるとレポートされています。

フロントマスクには、BMWキドニーグリル風カモフラージュが施されていますが、情報によれば、2014年の北京モーターショーでワールドプレミアされたプジョー「EXALT」コンセプトからインスピレーションを得たデザインが採用される可能性が高いようです。

技術面では、ハンズフリーステアリングなど最新のドライバー・アシストシステムが採用されるようです。パワートレインは1.5リットル直列4気筒エンジン、及び2リットル直列4気筒エンジンの他、プラグインハイブリッドモデルも投入される可能性があります。

ワールドプレミアは2018年秋が有力とされています。

(APOLLO)