トヨタ「ハイラックス」は1968年に初めて発売され、累計販売台数が1,600万台を超えるなど、50年近くに渡り、世界のピックアップ市場で人気を得ています。

日本では絶版となって久しい同車ですが、欧米など海外では販売が継続されており、今秋9月には日本でも販売が再開されるようです。

今回、日本に里帰りする新型ハイラックスはタイ工場で生産され、世界各国に輸出されているモデルで、「Wキャブ」と呼ばれる4ドア仕様となっています。

車両のスリーサイズは全長5,335mm、全幅1,855mm、全高1,820mm。

新たに開発されたラダーフレームシャーシを採用しており、ねじり剛性が従来比で20%向上。駆動方式はFRベースのパートタイム4WDで、シーンに合わせて4WDモードを選択できる扱いやすい仕様となっています。

最大牽引能力も3,500kgと強力で、レジャーボートの運搬など、アウトドア派にとって力強い存在と言えそう。

欧米で販売されていることもあり、2つのサイドエアバッグ&カーテンエアバッグを含む7つのエアバッグを装備するなど、衝突安全に関する要件も全てクリアしています。

ベースグレード「X」には2.4Lのディーゼルエンジン(150ps/40.8kgm)を搭載。6速A/Tの組合せで、車両価格は325万円と比較的リーズナブル。

さらに、2.8Lのディーゼルエンジンを搭載する上級「Z」グレードには、自動ブレーキや車線キープアシスト、LSD、LEDヘッドライト、クルーズコントロール、本革ステアリング、アルミホイールなど、乗用車と同等の標準装備を搭載しながらも、車両価格は380万円に抑えられています。

まもなく日本に里帰りする4ドアピックアップ「トヨタハイラックス」に要注目です。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)