一昨年秋に公開したコンセプトEVモデル「ラピード E」を2019年に155台限定で量産すると発表した、英国の伝統ある高級車ブランド・アストンマーティン。

「ラピード E」には、6.0L V12エンジンに代わる電動パワートレインが搭載され、「ラピードS」と同等の動力性能を発揮するそうで、瞬時にパワーが立ち上がる電気モーターの特性により、これまでのアストンマーティン車では体験できなかったユニークなドライブフィーリングを提供するといいます。

同社を率いるアンディ・パーマーCEOは「アストンマーティンの魅力的なスタイルと最高性能の価値はゼロエミッション・パワートレインにおいても存在すると共に、持続可能な未来を表している」「ラピード Eの電動パワートレイン詳細については今後、順次発表する」と述べています。

「ラピード E」の生産はコンセプトモデルに引き続き、オックスフォードシャー州グローブに本拠を置く「ウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング」が担当。

同社のテクニカルディレクター、Paul McNamara氏は「我々が蓄積した豊富なバッテリーやEVに関するノウハウを、アストンマーティン社の今後の電化戦略支援に活かせることができて非常に喜ばしい」とコメントしています。

アストンマーティン車の中心的な存在であるエンジン搭載モデルは今後もEVと平行して存続すると予想されますが、同社のような老舗ブランドと言えども、ゼロエミッション車開発に取り組むなど、将来の生き残りにかけた積極姿勢は大いに世界から注目を集めそうです。

(Avanti Yasunori・画像:ASTON MARTIN)