エンジンやトランスミッションを進化させ燃費性能を向上、さらに先進安全装備「ホンダセンシング」を幅広いグレードに設定した新型フィット。

ホンダのエントリーモデルとして、かつては日本で一番売れているクルマだったこともあるフィットが逆襲の狼煙を上げた、そう言いたくなるほど力の入ったビッグマイナーチェンジです。

ヘッドライト、フォグランプともLED化するなど新しいフロントマスクは、コンパクトカーとして十分以上に上質感を表現するもので、フロントグリル中央の立体感のあるHマークの後ろにはホンダセンシング用のミリ波レーダーが置かれています。

これまでミリ波レーダーをカバーするとエンブレムがのっぺりと見えることが少なくありませんでしたが、安全のためにデザイン性を犠牲にすることなく仕上げているあたりにも、今回のマイナーチェンジに力が入っている様が感じられます。

そうした作り込みが、もっとも感じられたのは「ホンダセンシング」の完成度でした。

ルックスの変更、新グレードの追加、燃費性能の向上などなど様々な変更点がありますが、今回のマイナーチェンジでライバルに対して差をつけたといえるのは先進安全装備「ホンダセンシング」の採用でしょう。

歩行者も検知する衝突被害軽減ブレーキに代表されるプリクラッシュセーフティ性能も評価ポイントでしょうが、やはりACC(追従クルーズコントロール)やLKAS(車線維持支援システム)といった日常的に役立つドライビングアシスト機能が気になるところ。

というわけで、初試乗となった新型フィットハイブリッド(グレードは「ハイブリッドLホンダセンシング」)のステアリングを握ると、まずは高速道路へ向かいました。

高速道路で本線に合流したら、すぐにACCとLKASを試せるよう、ステアリング右側にあるACCの起動スイッチを押し、別途用意されているLKASのボタンもオンにしておきます。これで、あとは目標速度の調整ボタンでセットすればACCとLKASが動きはじめるという塩梅です。

余談ながら、安全のためにスイッチがわかれているのは理解しつつも、この手間がワンプッシュになったらいいのになぁと思ったのも事実……。

本線に合流してすぐさまターゲットになるクルマを見つけてロックオン(ACCをセット)します。ほぼ同時に車線を示すアイコンが白くなり、LKASが起動したことを確認。ステアリングに手を添えつつ、そのままクルマに任せて走り出します。

そうすると、いい意味での違和感を覚えます。ステップワゴンやフリードで味わってきたLKASは、旋回中に「ヒクヒク」とステアリング操作を行なう印象を受けましたが、フィットのLKASはビシッと一発で舵角を決めるのです。安心して任せられると思えるほどの完成度なのです(手放し運転は厳禁です、あしからず)。

気のせいかと思い、開発エンジニアに確認すると「フィットにマッチングさせるために様々なシチュエーションでホンダセンシングのセッティングをしています。けっして他モデルから移植したようなお手軽なものではないのです」とのこと。

フィットだから特別に注力したというのではなく、ACCやLKASのセッティングは日々進化しているだけに「最新が最良」という傾向もあるようですが、いずれにしても、積極的にLKASのスイッチを入れておきたくなる仕上がり。

単に先進安全装備を付けたのではなく、リアルワールドで使いたくなる機能を与えられた新型フィット。比較的、高速巡航燃費に有利なシステムを積んでいることもあり、コンパクトクラスのハイブリッドカーとしては随一の高速ツアラーといえる走りを身に着けたといえそうです。

■ホンダ・フィット ハイブリッドLホンダセンシング(FF)主要スペック
車両型式:DAA-GP5
全長:3990mm
全幅:1695mm
全高:1525mm
ホイールベース:2530mm
車両重量:1150kg
乗車定員:5名
エンジン型式:LEB
エンジン形式:直列4気筒DOHC
総排気量:1496cc
最高出力:81kW(110PS)/6000rpm
最大トルク:134Nm(13.7kg-m)/5000rpm
モーター型式:H1
モーター形式:交流同期電動機
最高出力:22kW(29.5PS)/1313-2000rpm
最大トルク:160Nm(16.3kg-m)/0-1313rpm
変速装置:7速DCT
燃料消費率:34.0km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:185/60R15 84H
メーカー希望小売価格(税込):2,079,000円

(写真・文:山本晋也)