ヒュンダイの大型クロスオーバーSUV「サンタフェ」次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク高速テストを開始しました。

現在韓国メーカーは、日本車との競争力を高めるため、パフォーマンスを始めとした特色のあるモデルを開発しています。

サンタフェ次期型もその任務を任された一台です。

マスキングされたフロントマスクには、ハニカムメッシュのフロントグリル、大口エアダクト、シャープなヘッドライト、コックピットには「RECARO」のシートを装備しスポーティーな仕上がりを見せています。

また、次期型ではホイールベースを延長し、トヨタ「クルーガー」、日産「パスファインダー」と競合する、最大8人乗りになる可能性があるようです。

パワートレインはガソリン、ディーゼルに加えてハイブリッドモデルも投入される見込みで、2018年秋までのワールドデビューが期待されています。

(APOLLO)