ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」が、初夏のニュルブルクリンクを駆け抜けました。

5月の高速テストに続いての再訪ですが、カモフラージュはほぼ同じで、空力性能を極限に高めたフロントスプリッターやエアロパーツがむき出しの状態で、流れるようなルーフラインの形状も確認できます。

世界最速SUVを目指すウルスはポルシェ パナメーラの4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力を650psまで向上。0-100km/h加速は3.9秒のパフォーマンスを発揮すると噂されています。

新たな情報では、プラグインハイブリッドは、ポルシェ カイエンSハイブリッド次期型以上と思われる、最高出力700ps程度を発揮する可能性がレポートされています。

ワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショーが有力で、PHEVは2018年秋頃が予想されます。

2018年初頭にも発売が開始されると見られ、価格はUS200,000ドル(約23,000,000円)と伝えられています。

(APOLLO)