中国最大手メーカー・吉利汽車グループの新世代ブランド「LYNK & CO」の最新コンセプトモデル「03」市販型プロトタイプを、カモフラージュの軽い状態でキャッチしました。

プラットフォームには、ボルボのコンパクトモデル専用「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)が採用されると噂されており、デジタル車載シェアボタンなどを装備、世界で最も進んだコネクテッドカーを目指して市販化されます。

「LYNK & CO」は2016年にSUV「01」を発表しており、近く公開予定の「02」と合わせ3兄弟となります。

今回捉えた「03」市販型は、縦長のLEDヘッドライト、上下二分割された横長エアインテーク、フォグランプなどを装備し、コンセプトモデルソックリな爬虫類が確認できるほか、L字型テールライトもそのまま採用されそうです。

発売は2018年内が期待されています。

(APOLLO)