「初300km/hオーバーをジワジワ狙うセリカXX一気乗り【1982年10月号より 前編】」に続き、【後編】ではOPTと共同開発していたシグマ・オートモーティブ・セリカXXと、市販用パーツのテスト用として作られたフォルテクス・スカイタインRSの紹介です。

この年の年末に行われる1982年最高速決定戦へ向けての予選会(予想会?)として挑戦した最強軍団に興奮するゼィ!(←懐かしいOPT独自のフレーズです!)

 

OPTIONセリカXXターボ by シグマ・オートモーティブ

最高速=230.03km/h

最高速狙いには、やはり大容量タービンが不可欠だ

谷田部での最高速チャレンジに、目標を定めてチューニングしているOPTセリカだが、いくつかのトラブルやセッティング不足のため、今のところ満足な結果が得られていない。ドラッグでの惨敗でチューニング全体の見直しを行わねばならなかったが、残念ながら谷田部に間に合わなかった。

ファイナルはノーマルの3.727、タイヤはグッドイヤーNCTの225/50VR16(外径632mm)で、ギヤ比はノーマル。タイヤの空気圧を2.6kg/cm2に高め、エアクリーナーを取り外して周回路へと走り出す。

ブースト圧は1.0kg/cm2。A/R比を絞ったタービンはゼロヨンセッティングのままだが、タイムラグは比較的大きく、フルブーストには約4500rpmで達する。1周めは、バンク入口で5速4500rpm(約180km/h)から全開にしてみる。しかし、ブースト圧が次第に低下、0.80kg/cm2前後にダウンしてしまう。ブーストコントローラーを走りながら微調整し、1.0kg/cm2まで上げる。バンク出口で5750rpm、メーター読み230km/hで、早くも完全にサチュレートしてしまう。フルスロットルを続けてもスピードの上昇はまったくないが、このまま計測地点に突入する。LED表示のタコメーターは、5750rpmのセグメントを点灯したまま動かないので、車速の上昇は、スピードメーターに頼らざるを得ない。

結局、400mの計測区間を231km/hの表示で通過した。実測データは230.032km/h。

スロットルを大幅に戻し、2周めを100km/h前後で流して燃焼室を冷やすが、バックストレッチで180km/hまで上げ、計測地点前のバンクでフルスロットルを続けていると、デトネーションでエンジンを壊してしまうだろう。結局、スロットルをやや戻し気味にしながら計測地点を通過し、228.571km/hに終わることになった。

ファイナル変更やタイヤ変更、セッティングの煮詰め次第では、もう7〜8km/h伸びる余地も残されてはいるが、260km/hオーバーの目標に達するには、タービンやインタークーラーなど、大幅な手直しが必要となるだろう。このままでは、予選通過は危ない。

 スカイラインRSターボ by フォルテクス

最高速=219.51km/h ゼロヨン=15.2秒

ボルトオンキットとして、ハイレベルの合格点が付く

フォルテクスRSターボは、最高速の記録狙いではなく、ストリート用ボルトオンターボの熟成が目的だ。FJ20の4気筒DOHC4バルブエンジンは、ボルトオンターボ装着のステージII仕様というわけだが、今回のセッティングはIHI製RHB6ユニットのエキゾーストハウジングを、やや大径に変更している。チャージ圧も従来の0.6kg/cm2から0.85kg/cm2へとアップ。さらに出力を高めるセッティングだ。

エンジン自体はノーマルだが、高過給圧の対策として、オリジナルの鍛造ピストンで圧縮比は7.6に下げている。ストリートユースでのレスポンスを考えると、この程度の圧縮比ダウンが限度だと思われる。これに、オリジナル水冷インタークーラーを装着しているのも、ターボキットメーカーとしてはHKS、シグマ・オートモーティブ以外、フォルテクスくらいである。エンジンではメタル系の弱いFJ20用に、アルミ製オイルパンを開発して装備している。容量的には、1Lアップだ。

フォルテクスターボの特徴は、ECCSエンジン用の燃料増量法としてマイクロコンピューターを使用している点だが、今回のパワーアップに対してプログラミング変更を施している。テストでは、ストリートターボの特徴を発揮して、3500rpmあたりでフルブーストがかかり、レスポンスのいい加速で周回路にコースイン。全開走行に突入する。

ノーマルの5速(0.83)にシフトアップしてフルスロットルにすると、タコメーターの針は6000rpmあたりから鈍くなるものの、徐々に上昇し6300〜6400rpmまで達した。水温、油温は異常ない。3周の周回を終えた結果が、最高219.512km/h。ほぼ220km/hカーということができる。ストリートターボの性能としては、合格点だ。

ゼロヨンの加速データも計測してみたが、軽く15.2秒をマークした。最高タイムは14秒台に入っているというから、最高速、ゼロヨンとも申し分ない。これは、ストリート用のボルトオンキットとして、ユーザーすべてが買える性能である。ちなみにRSの記録は、HKSターボにより240.0km/hがマークされている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

飛び飛びでご紹介している、この時代の最高速テスト模様。回を重ねるごとにジワジワと記録が伸び、チューニングメーカーやチューナーが競い合って280km/h、300km/hオーバーへと近づいてきています。

さて、国産車初の300km/hオーバーを記録した、あのマシン紹介は・・・まだもうちょっと、お待ちください!

[OPTION 1982年10月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)