ベントレー初のクロスオーバーSUV「ベンテイガ」に、同メーカー史上初となるプラグインハイブリッドモデルが設定されることが分かりました。

南ヨーロッパで捉えたPHVプロトタイプは、エクステリアにほとんど変化は見られません。唯一の違いは左側面の充電口程度です。

パワートレインは、ポルシェ「パナメーラ」と共有する2.9リットルV型6気筒+電気モーターが有力で、最高出力は469psを発揮すると予想されます。

ベントレーは、新型SUV「ベンテイガ」に同メーカー初のプラグインハイブリッド仕様を設定することを2012年に予告しており、それを実現する形となります。

今後はハイブリッドモデルの充実を図ると見られ、2018年には2ドアクーペ「コンチネンタル GT/GTC」次期型にもPHVがラインナップされるはずです。

ベントレーに新たな歴史を刻むPHVは、9月のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアされる可能性が高いです。

(APOLLO)