メルセデスのエントリーハッチバック「Aクラス」次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。

カモフラージュが軽くなったプロトタイプからは、薄型ヘッドライト、エアインテーク形状、フロントからリアドアへキックアップされたキャラクターラインなどが確認できます。

次期型プラットフォームには、ルノー・日産アライアンスと共有する「MFA2」を採用し、ボディが大型化されると伝えられる通り、ホイールベース、全長が伸び、全幅がワイドになっています。

またエンジンの配置、伸びたルーフにより、ヘッドルームが大幅に向上しているともレポートされています。

パワートレインは、6速MTと9速DCTに組み合わされる、1.6リットル直列4気筒エンジン、及び最高出力280psと噂される新開発2リットル直列4気筒ターボエンジンがラインナップされるといい、ハイブリッドモデルは遅れて登場する可能性が高いと思われます。

運転支援技術では、メルセデス自慢の最新世代「ディストロニックプラス」を搭載、渋滞時でも最適な車間距離を保ち走行します。

ワールドプレミアは2018年秋と予想、スポーティーで大型の新型Aクラスに期待したいものです。

(APOLLO)