インドネシア国際オートショーで披露される、三菱自動車の次世代クロスオーバーMPV。

2017年8月10日(木)から20日(日)までインドネシアで開催される第25回インドネシア国際オートショーにおいて披露されるのは、同国の新工場(西ジャワ州ブカシ県)で生産し、今秋より販売を開始する全く新しい次世代クロスオーバーMPV。車名は同オートショーで発表されます。

次世代クロスオーバーMPVは、三菱自動車らしいMPVとSUVを融合させたエクステリア、高品質で先進的なインテリア、低燃費でありながら多人数乗車や登坂路でもしっかり走る優れた動力性能を実現したとしています。

また、インドネシアで小型MPVに求められる「乗員7名が快適に過ごせる」、「多くの荷物が積める」、「高いコストパフォーマンス」といったニーズに対応。

さらに「クラストップ(インドネシアにおける排気量1.5Lまでの小型MPVクラス)の居住空間と多彩なユーティリティ」、「3列目乗員の居住性・乗降性の良さ」、「十分な容量の荷室」を実現し、「便利で気の利いた収納スペース」など日本のモノづくり精神で細部をつくり込んだとしています。

ボディサイズは、全長4475×全幅1750×全高1700mmで、最低地上高205mm。エンジンは吸気連続可変バルブタイミング(MIVEC)機構付きの1.5Lで、トランスミッションは5MT/4ATの組み合わせ。駆動方式は2WD(FF)。

日本での発売の有無や発売時期などは明らかにされていませんが、パジェロスポーツのような迫力あるフロントマスクなど、かなりスポーティで印象的な外観になっていて、サイズ的にも日本で一定のニーズがありそうです。

(塚田勝弘)