京都のEVベンチャーである「GLM」が、ドイツ・ボッシュ傘下のエンジニアリング会社「ボッシュエンジニアリング」と、車両制御の分野で協業すると発表しました。

両社は共同でEVの駆動システムを制御するユニット「VCU」(ビークルコントロールユニット)を開発。このVCUは、2019年からの量産が計画されている4000万円級のEVスーパーカー「GLM G4」に搭載する方向で検討されているそうです。

GLMは「GLM G4」に不可欠な高性能なVCUを実現するため、ボッシュのグループ会社をパートナーに指名。GLMが構築した車両制御システムを基に、ボッシュのハードウエアを使いながら、ソフトウエアを電子制御の開発などを得意とするボッシュエンジニアリングと共同開発するというものです。

今回共同開発されるのは、車両の多機能を統合・制御できる高性能なEV専用のVCU。バッテリーマネジメントシステム(BMS)やモーターを駆動するパワードライブユニット(PDU)、モーターの出力を調整するインバーター(電力変換装置)、車載用充電器などの協調制御が行われます。

GLMは完成車両の開発、販売のほか、車両の内部にあたるプラットフォーム部分の外販にも注力していて、このVCUの制御対象はボディ部分を除く車両内部に特化。GLM製以外の他モデルの車両にも応用できるように開発され、完成車両とプラットフォームの両方を販売する戦略を掲げています。

第一号試作機の開発を終え、次世代EVスーパーカー「GLM G4」のプラットフォームに搭載し、機能確認を実施。両社は今後もVCUの精度をさらに高め、「GLM G4」に搭載する方向で引き続き共同開発を推進するそうです。そして、EV乗用車の量産車として、ボッシュ製VCUを搭載した日本初の車両を目指すとのこと。

さらに、ボッシュはクルマの機能をスマートフォンなどで後から購入できる、VCUと連動したサービスも開発。GLMではそうしたサービスの搭載も視野に入れているほか、協業領域を拡大し、自動運転の分野などでも、協力関係を深めたいと表明しています。

(塚田勝弘)