ポルシェ911カブリオレ次期型プロトタイプが、45度を超える灼熱の山道でテストする姿を目撃しました。

本来、風を楽しむカブリオレも、この暑さではルーフを開けることは無かったようで、キャビンを覗くことはできませんでしたが、エクステリアには次世代のデザイントレンドが見て取れます。

左右テールライトを結ぶ一直線のLEDストリップライトを新たに配置、またフロントバンパーエアダクト上部のLEDデイタイムランニングライトは薄くなり、よりスタイリッシュでスポーティーなデザインが予想されます。

パワートレインは3リットル水平対向6ターボを搭載し、最高出力は現行モデルの370馬力から20ps程度アップの390psが期待できるでしょう。

992世代では、クーペ、カブリオレ、タルガのラインナップが予想され、ワールデビューは2018年後半となりそうです。

(APOLLO)