三菱自動車が7月25日、2017年度第1四半期(2017年4月1日〜6月30日)決算を発表しました。

営業利益は206億円で営業利益率は4.7%、売上高は前年同期比2.8%増の4,409億円となり、当期の純利益は230億円と前年同期の−1,297億円から黒字に転換しています。

グローバル販売台数は、前年同期比9.0%増の24万1000台で、販売台数増は主に、前年に燃費不正問題で軽自動車の販売を停止していた日本と、昨年のアウトランダー現地化による中国での販売増によるものだそう。さらに、SUVやピックアップトラックが販売好調なアセアン地域でも販売が増加。また、日本経済新聞など一部報道によると、日本ではデリカの特別仕様車(アクティブギア)なども好調だそうです。

益子修CEOは「ベンチマークの徹底や経営管理手法が定着し、規模・利益の両面で順調なスタートを切ることができました。前年度後半から続くV字回復の流れを持続的な成長へと繋げるためにも、さらなるアライアンスの深掘りと地道な変革に全力で取り組んで参ります」としています。

(塚田勝弘)