スズキ・スイフト・ハイブリッド(フルハイブリッド)に搭載されているハイブリッドはソリオと基本的に同じシステムで、AGS(オートギヤシフト)がよりスムーズになり、シングルクラッチとしてはかなり高い完成度にまで引き上げられています。

さて、スイフト・ハイブリッド(フルハイブリッド)には、エンジンルーム内の補機バッテリー(鉛電池)、助手席下のリチウムイオン電池(セルは東芝、ユニットはデンソー製)、高電圧の駆動用リチウムイオン電池の3つが搭載されています。

ソリオ・ハイブリッドに続き、スズキ・スイフト・ハイブリッドにも採用されたリチウムイオン電池モジュールは、日立オートモティブシステムズ製。

同社がこれまでの採用実績で培ってきた高性能、高信頼な電池セルと、電池セルの電圧を検知する電圧検出基板を1つの筐体にまとめることにより、35%(同社の従来製品比)の軽量化と、37%(当社従来製品比)の高さの低減を実現。

1999年に世界に先駆けて車載用リチウムイオン電池事業を開始した日立オートモティブシステムズは、数多くのリチウムイオン電池を納入。リチウムイオン電池の製造は、グループ会社である日立ビークルエナジーが長年培ってきたノウハウを生かして行っており、国内外のカーメーカーから高い評価を得ています。


これまでの実績と軽量・小型化による高い搭載性の実現が評価され、2016年11月に発売された新型「ソリオ/ソリオバンディット」に続き、新型スイフト HYBRID SG、スイフト HYBRID SLにも採用されたことになります。

(塚田勝弘)