アウディに似たヘッドライト、大口エアダクト、変形六角グリルにクーペルーフを持った謎のSUVプロトタイプを発見しました。

カメラマンからのレポートによれば、中国・ハバルの『H6 クーペ』というSUVの新型モデルだといいます。

実にマニアックなメーカーなので説明しますと、中国長城汽車(グレートウォール)グループに属する「哈弗」(HAVAL・ハバル)というSUV専門ブランドです。

「ハバル」は現在、8車種のSUVラインナップを誇る一大クロスオーバーメーカーで、「H6 クーペ」は「H6」をベースに開発されているクーペSUV。2015年には、コンセプトモデルとして公開されています。

トランスミッションは7速DCT、パワートレインは最高出力180psを発揮する2リットル直列4気筒エンジンを搭載し、ボディサイズは全長4549mm、全幅1835mm、全高1700mm、ホイールベースは2720mmと予想されています。

ルーフライン、テールライトなど、中国車のオリジナル・デザイン性レベルは向上していると実感しますが、やはりまだ他国モデルの真似になっている感は否めないです。

(APOLLO)