2019年に小型SUV「C-HR」をベースにしたEVを中国で量産予定のトヨタ自動車。

中日新聞によると、トヨタは2020年に開催される東京五輪に向け、新たに同社初となるEV専用車を開発しているそうで、このEVが2022年に国内で発売を予定している量産EVの原型となるそうです。

国内向けEVには次世代リチウムイオン電池として期待されている「全固体電池」を搭載する模様。

電解液の代わりに固体電解質(硫化リチウム系化合物)を使用、正極と負極を含めた部材を全て固体で構成。リチウムイオン電池の3倍以上の出力特性をもち、7年後も90%以上の容量維持が可能になるようです。

一方、同社は東京五輪に航続距離を伸ばしたFCV「MIRAI」も提供するそうで、2020年を目処に生産能力を現状の10倍となる3万台/年に拡大、2021年に次期「MIRAI」を発売する計画とか。

また東京五輪に合わせてレクサスブランドからもFCVを登場させる予定のようです。

トヨタは「IOC」(国際オリンピック委員会)と「IPC」(国際パラリンピック委員会)との間で最高位のスポンサー契約を結んでおり、東京五輪でEVやFCVを世界に向けてアピールする考えのようです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、日立造船)