2017年7月に究極のFFスポーツを実現した新型ホンダ・シビック TYPE Rが発表され、9月29日より450万360円で販売開始となります。

2015年12月に販売した先代のシビックタイプRは750台の限定販売でしたが、今回のタイプRはカタログモデルとなり限定販売ではありません。とはいえ、依然として人気が高く納車期間は長期に及んでいるようです。

シビック TYPE Rは1997年2月に登場した初代モデルから歴史が始まります。EK9と呼ばれる初代シビックタイプRは最高出力185psを発生し、リッター当たり116psを実現した1.6L直列4気筒DOHC VTECエンジンを搭載。チタン削り出しシフトノブを採用したショートストロークの5速MTが組み合わされ、現在でも多くの人に操る楽しさを味合わせてくれます。

初代モデルの新車時価格が199万8000円でしたから、20年後に登場した現行型タイプRは2倍以上の高額車となりました。

それでは、新型シビックタイプRの登場によって歴代シビックタイプRの中古車相場がどのように動いているのか。最新情報を紹介しましょう。

まずは2015年に登場したFK2型と呼ばれる旧型シビックタイプRです。シビックタイプRとして、初めてターボエンジンを搭載したモデルとなります。

最高出力310ps、最大トルク400Nmを発生する2L直列4気筒 VTECターボエンジンを採用。6速MTが組み合わされ、当時FF量産車でニュルブルクリンク北コースの最速タイムを記録しました。

750台の限定販売ということもあり、中古車の流通台数はわずか27台と歴代タイプR(タイプRユーロ含む)モデルの中で最も少ないモデルです。現在の中古車の平均価格は453.2万円で、直近の3カ月では約13万円の値落ちをしています。

価格帯は400万〜498万円。新車時価格が428万円でしたから、現在の中古車はまだプレミア価格といえる状況です。実際に値落ちをしはじめたのは2017年に入ってからで、1年前は510万円付近を横這いで推移していたことを考えると、ずいぶんと安くなった印象を受けます。新型の登場後は緩やかな値落ちが続くと予想しています。

歴代シビックタイプRで、118台と中古車の流通台数が最も多いのが、2007年に発売されたFD2型と呼ばれる3代目シビックタイプRです。初の4ドアセダンとなったシビックタイプRはサーキットを含むあらゆる走行シーンで、人とクルマの一体感ある操る歓びを目指して開発されました。

最高出力225ps、最大トルク215Nmを発生する2L直4DOHC i-VTECエンジンを搭載し、クロスレシオの6速MTが組み合わされました。タイプR専用のチューンされたサスペンションや18インチハイパフォーマンスタイヤ、ポテンザRE070を採用しています。

FD2型シビックタイプRの新車時価格は283.5万円でしたが、現在の平均価格は218.5万円。生産終了からすでに7年が経過しているにも関わらず、高値をキープしています。価格帯は124.8万〜500万円。

400万円以上の価格帯は限定販売された無限RRが占めていますが、標準車でも新車時価格を上回る中古車が多く流通しているのが特徴です。

現行型はターボエンジンを採用していますが、タイプR好きの人には自然吸気にこだわる人も多いので、FD2型シビックタイプRの中古車は短期的には上げ下げを繰り返しそうですが、安定傾向が続きそうです。

1997年に登場した初代タイプRは中古車の流通台数は46台、平均価格130.6万円。2001年に登場した2代目タイプRの流通台数は51台、平均価格99.5万円。2009年に限定販売されたシビックタイプRユーロの流通台数は61台、平均価格193.4万円となっています。

シビックタイプRの中古車は各世代にファンがいるので、今後も高値安定傾向が続きそうですが、2代目タイプRとタイプRユーロに割安感が出ていると言えるでしょう。

(萩原文博)