いよいよ今年も“夏休み”がやってきました。家族や仲間皆で、クルマに同乗してお出かけする機会が増えると思います。

ただ最近の夏の暑さは凄まじく、全国各地で連日のように最高気温が30℃を超える真夏日になりますし、35℃以上の猛暑日も珍しくありません。クルマで出かける場合、屋外のみならず、車内で過ごす場合にも熱中症に注意が必要です。

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)では、夏における子どもなどの熱中症事故予防を呼びかけています。昨年8月を振り返ると、JAFが出動した「キー閉じ込み」の救援のうち、子どもやペットが車内に残されたケースは全国で310件(うちペットは13件)も発生しました。このうち緊急性が高く、開錠ではなくドアガラスを割るなどして車内の子どもを救出したケースが30件もあったとのこと。

ちなみに「閉じ込み」が発生した原因は、「子どもが誤ってロックを操作した」というものが多く、「ペットがドアロックノブを押した」というものもあったそうです

実際、夏の炎天下で車内の温度はどのように変化するのでしょうか? JAFが、2012年8月に外気温35度の晴天下(12時〜16時)で車内温度の推移を実験を行っているので、その検証結果について見てみましょう。

実験結果によると、車内温度25℃から開始して、①黒ボディでは30分後に車内温度が45℃まで上昇。その後も上がり続けMAXで57℃まで達しました。②白ボディでも30分で42℃、MAXで52℃まで上昇。③サンシェイドや④3cmの窓開けといった熱対策では、数℃のマイナス効果はあるものの、真夏の炎天下の前では“焼け石に水”。

どの条件でも車内は灼熱地獄のような状況が続き、人やペットが耐えられる環境ではありませんでした。

ちなみに最も効果があるのは⑤エアコン作動ですが、エンジンをかけたままだと誤操作で車が動いたり、燃料切れや排ガスや熱による周囲への影響等、様々な問題があるので注意が必要です。

また車内温度のグラフを見ると、①〜④の車両では、最初の約10分で一気に10℃以上上昇します。これは体温調節機能が未発達の乳幼児や加齢で機能が低下した高齢者にとっては、命に関わるほど危険な状況なので、コンビニやスーパー等でのちょっとした買い物や用足しでも、寝ているからと車内に残すことはしないようにしましょう。

サマーシーズンのリスクに備えて、どうぞ楽しいカーライフを〜!

※当記事は、JAF公式サイトの情報を引用しています。

【星崎 俊浩】