ジュネーブモーターショー17で公開された、メルセデスベンツ『AMG GTコンセプト』の市販型が、ニュルブルクリンク・サーキットや山道を走る姿を捉えました。

高速コーナーでは、4ドアのロングボディを生かした安定性を見せつつ、シャープなハンドリングを持ち合わせており、市街地や山道も走っても、加速性や快適性などのバランスも非常に高く感じます。

カモフラージュがまだ厳重でディテールは不明ですが、コンセプトモデルに近いスポーティーなエクステリアが予想されます。

パワートレインは、4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと、F1技術を取り入れた「EQ POWER+」を組み合わせたハイブリッドシステムで、最高出力は805psを発揮。0-100km/h加速は2.8秒とAMG最強4ドアサルーンとなるでしょう。

発売は2018年、日本導入も期待されます。

(APOLLO)