メルセデスベンツのミドルクラス・クロスオーバーSUV『GLE』の頂点に立つ、『AMG GLE63』次期型プロトタイプを初めて捕捉しました。

試作車からは大型LEDヘッドライト、新デザインのエアインテーク、薄型テールライトが確認できますが、最大の特徴は弟分「GLC」の意匠を継承するラウンドボディ。

真横の画像を見ると、Aピラーからルーフが現行モデルより丸みを帯びているほか、サイドクォーターウィンドゥも丸くデザインされています。

「MRA」プラットフォームにより、軽量化が図られ、ホイールベースを延長すしますが、3列シートは設定されないはずです。新開発のV型8気筒ツインターボは最高出力600psが想定され、GLE歴代最強モデルとなる他、初のハイブリッドモデルも期待できそうです。

ワールドプレミアは、ベースモデルが2019年、AMG GLE63は2020年が予想されています。

(APOLLO)