NEXCO東日本・NEXCO中日本・NEXCO西日本・JB本四高速・(公財)日本道路交通情報センターが発表した、2017年のお盆期間(8月5日〜16日までの12日間)の高速道路の渋滞予測によると、10km以上の渋滞は上り線、下り線合わせて512回発生すると言われています。

暑さの中で渋滞に捕まると、イライラ度はマックスになり、集中力も低下して非常に危険です。そんな時にオススメのリフレッシュ法を紹介します。

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアには、入浴施設やコインシャワーが設置している場所があります。そこで、渋滞でストレスが溜まったときにお風呂につかったり、シャワーを浴びてスッキリ、リフレッシュするのはどうでしょうか?

入浴施設は東名高速道路のEXPASA足柄の上下線にそれぞれありますし、名神高速道路のEXPASA多賀の下り線にもあります。また中央自動車道は諏訪湖SAの上下線にそれぞれハイウェイ温泉諏訪湖が設置されています。

コインシャワーは東名高速道路では中井PA下り、鮎沢PA上り、牧之原SA上下線の4箇所。新東名高速道路はNEOPASA駿河湾沼津上下をはじめ10箇所、名神高速道路EXPASA下り。北陸自動車道徳光PA下り、山陽自動車道淡河PA上下、小谷PA下り、九州自動車道吉志PA下り、東北自動車道安積PA上下に設置されています。料金や営業時間などは各高速道路会社のホームページで確認してください。

(萩原文博)