軽ハイトワゴンのダイハツ・ムーヴが8月1日にマイナーチェンジを受けました。ご存じのとおり、ムーヴは1993年登場の初代スズキ・ワゴンRを追いかけるように、1995年にダイハツ初のハイト系の軽自動車として誕生。

安全装備への対応も早く、2012年12月に実施されたマイナーチェンジでは、当時の軽自動車初(2012年12月時点。ダイハツ調べ)となる衝突回避支援システム「スマートアシスト」が採用されています。2014年12月に発売された6代目の現行モデルでは、ダイハツ独自の軽量高剛性ボディ「Dモノコック」を初めて搭載し、走りや乗り心地の良さなど、高い完成度を披露。

そして、8月1日に実施された今回のマイナーチェンジでは、歩行者にも緊急ブレーキ対応する「スマートアシストⅢ」を搭載(ムーヴ、ムーヴ・フロントシートリフトのすべてのSAⅢグレードに設定)。

また、4つのカメラにより、車両の前後左右を映すことで上から見下ろしたような俯瞰映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」が採用されています。内・外装も変更されています。ムーヴではメッキフロントグリルの採用などにより、シンプルで上質なエクステリアに変身。

ムーヴ カスタムには、新開発の多灯薄型LEDヘッドランプや、クリアタイプのインナーレンズを採用したリヤコンビネーションランプなどによる先進的で質感の高さを抱かせる外観、新デザインのインパネガーニッシュなど、インパネも上質感を演出。そのほか、後席の荷室側にスライドレバーを設定することで、使い勝手も高められています。

さらに、軽福祉車両「ムーヴ フロントシートリフト」もマイナーチェンジを受け、ムーヴとムーヴ カスタムの変更内容を織り込まれています。

また、ムーヴを中心により手が届きやすい価格に改訂されたのも朗報。価格帯はムーヴが1,112,400円〜1,474,200円。カスタムが1,371,600円〜1,749,600円。ムーヴ フロントシートリフトは1,254,000円〜1,604,000円です。

2017年上半期での軽自動車販売ランキングでホンダN-BOX、タント、日産デイズに次いで4位に付けている好調ムーヴが今回のマイナーチェンジでさらなる拡販なるか注目です。

(塚田勝弘)