ロールスロイス初の最高級クロスオーバーSUV『カリナン』プロトタイプのホワイトボディを初めてスクープしました。

ロールスロイスは、「カリナン」をSUVではない新たなカテゴリと語り、「ハイボディーカー」や「ハイサイド・ビークル」と呼ぶことにより、これまでのSUVとは一線を画しています。

相変わらずカモフラージュが厳重なプロトタイプからは、ディテールが見えませんが、今回捉えたホワイトボディを見る限り、「ファントム」に似たフロントマスクは採用される可能性が高いようです。

新開発のアルミ製シャシーと共に、新たなサスペンション「マジックカーペット」を採用、世界最高の乗り心地を実現します。パワートレインは、最高出力最高出力600psと伝えれる6.6リットルV型12気筒ツインターボのほか、プラグインハイブリッドモデルの投入もありそうです。

ワールデビューは、早ければ9月のフランクフルトモーターショーで実現する可能性もあるようです。

(APOLLO)