アウディのフラッグシップ・クロスオーバーSUV『Q8』のハードコアモデルとなる『Q8 RS』のレンダリングCGを入手しました。

ハニカムメッシュのグリル&エアスプリッター付き大口ベンチレーション、リップスポイラーなどのエアロパーツ、エアスクープを装備したボンネットなど、エクステリアはまさに高性能モデルそのものです。

アウディの最高峰シリーズ「RS」は、圧倒的パフォーマンスを誇るアウディ・スポーツ(旧クワトロGmbH)によって設計・デザインされ、パワートレインは4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は650psと、ランボルギーニの新型SUV『ウルス』と互角のスペックを持つことが分かりました。

室内には、アウディ自慢の「バーチャルコックピット」を装備。高解像度8.3インチディスプレイでは、常に最新のオンラインマップを検索可能にします。自動運転では、A8新型で実現した「レベル3」を搭載、安全やパフォーマンスにおいて最強のSUVの誕生となります。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)