2017年6月にフェイスリフトなどのビッグマイナーチェンジを受けたホンダ・フィット。先進安全装備「ホンダセンシング」の幅広い設定により、予防安全・運転支援の両面で国産Bセグメントをリードする存在となりました。

そして、新型フィットには流行のクロスオーバースタイルも用意されたのです。

といっても、クロスオーバーのグレードが設定されたのではなく、純正アクセサリーとして用意されたという話。

アクセサリーカタログの表紙にもなっている、このクルマがまとったアクセサリーパーツの名前は「クロススタイル」です。標準ボディにいくつものアイテムを追加することで、スタンダードカーのフィットをマルチプレイヤー的クロスオーバースタイルに変身させるキットです。その姿を、太陽光の下、実車で確認することができました。

デカールやガーニッシュ類でクロスオーバースタイルを演出しているだけなので、じつは車高はノーマルなのですが、キュッとつまみあげられたようなホイールアーチのおかげで地上高を確保しているようなイメージを生み出しています。もちろん、ホイールアーチやボディサイドモールはわずかな厚みなので、装着しても車検証のサイズが変わるようなことはないといいます。

なによりクロスオーバースタイルの肝となっているのは、高輝度シルバーの前後ロアガーニッシュ。金属調のアクセントを加えることで、オンもオフもガンガン楽しめるといったムードを強めています。

今回のマイナーチェンジでは、ハイブリッドの上級グレードや1.5リッターエンジンのRSグレードにロングタイプのバンパーを与えていますが、この「クロススタイル」は標準バンパーの専用アクセサリー。このスタイルにするために標準ボディを選びたくなるユーザーも少なくないのでは?

また、撮影車両には装着されていませんが、サーフボードやスキー板などをスマートに積むことのできるルーフキャリアシステムも純正アクセサリーとして設定済み。季節ごとに、いろいろな場所に行きたくなる、そんなアクティブな気分にさせてくれるボディキットです。

このクロススタイルのためにデザインされたという新作ホイール「MG-020」のタフな意匠も、スキのないクロスオーバースタイルを見事に演出しています。

●ホンダアクセス「クロススタイル」商品一覧
フロントグリルカバー(消費税込価格12,960円)
ロアガーニッシュ フロント(同21,600円)
ロアガーニッシュ リア(同21,600円)
テールゲートデカール(同10,800円)
ボディサイドモール(同19,440円)
リアライセンスガーニッシュ(同6,480円)
ホイールアーチ(同38,800円)
ロアガーニッシュサイド(同43,200円)
サイドLEDイルミネーション(同21,600円)
ホイール「MG-020」(同24,840円/本)
※取り付け工賃等は含まれません

前後左右のロアガーニッシュ、テールゲートデカール、ボディサイドモール、ホイールアーチをセットにした「クロススタイルパッケージ」を、単品で購入するより17,300円もオトクになる138,240円(消費税込)で設定しているのも注目といえるでしょう。クロスオーバースタイルへのエクストラコストとしては十分にリーズナブルといえそうです。

(写真:門真 俊/文:山本晋也)