BMWのコンパクトモデル『2シリーズ』の頂点に君臨する『M2 CS』の詳細が見えてきました。

今回入手したのは、関係者の情報を元に欧州で制作されたレンダリングCGです。恐らくこれに近いエクステリアで発売される可能性が高いようです。

フロントにはエアスプリッター付きハニカムメッシュ・ベンチレーション、リップスポイラーが装着されるほか、サイドスカートに大型リアスポイラーなど専用エアロパーツを装備。軽量化を図りながら強化サスペンションなどにより、大幅にパフォーマンスが向上します。

ハイライトは、「M4」から移植される3リットル直列6気筒「S55」エンジンです。M2に搭載されている「N55」エンジンと異なり、「M社」の専用チューニングがされており、最高出力は400ps以上が期待されています。

ワールドプレミアは2018年3月が有力ですが、早ければ2017年内もあるようです。日本発売は2018年と思われ、900万円〜1千万円の価格が予想されます。

(APOLLO)