アストンマーティンが2016年に「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」で公開した、スーパークーペ『ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ』の最終市販型が、ニュルブルクリンクで高速テストを行いました。

その車名の通り、イタリアのデザインメーカー「ザガート」とコラボレーションし、世界で僅か99台の限定生産、価格は85万ドル(約9千6百万円)と伝えられているスペシャルモデルです。

フロントスポイラー、サイドシル、カーボン製リアスプリッター、ロケットのような円形テールライト、可動式リアウィングなどを装備しており、折りたたみソフトトップはシート後方へ綺麗に収納され、ザガートならではの流麗なフォルムを完成させています。

パワートレインは、5.9リットルV型12気筒エンジンを搭載。最高出力は592psを発揮し、0-100km/h加速を3.7秒とズバ抜けたパフォーマンスを発揮します。

2017年内には、顧客へのデリバリーが開始され、日本にも数台輸入される可能性があるため、運が良ければそのスーパーボディを拝むことができるかも知れません。

(APOLLO)