新型アルファロメオ ジュリアが、2017年9月6日に発表されます。アルファロメオの代表的モデルであったジュリアは、1962年に初代が登場。当時としては珍しく空気力学を取り入れたボディに、最先端のDOHCエンジンが搭載されていました。その走りにより高く評価され、欧州車のベンチマーク的存在になりました。

さらに、初代ジュリアからは高性能モデルやさまざまなバリエーションが派生し、アルファロメオの代表的なモデルになったのは周知のとおり。

現代に蘇った新型ジュリアは、こうした初代ジュリアの伝統を受け継ぎ、次世代を見据えた新設計FRプラットフォームが採用されています。

新型ジュリアは50:50の理想的な重量配分とFRスポーツサルーンらしい上質なハンドリング、クラストップレベルのパワーウエイトレシオを実現。新たに設計されたアーキテクチャーにより、クラスをリードする走り、アルファロメオらしいドライバーの感情を揺さぶるドライビングエクスペリエンスが追求されているそうですから楽しみです。

デザインも新世代アルファロメオにふさわしく、チーフデザイナーのアレッサンドロ・マッコリーニ氏は「ジュリアのデザインは独創的でありながらシンプル。ダイナミックなプロポーションは、フロントの短いオーバーハングによって強調されています。新しい外観デザインは、エンジン縦置きのFRプラットフォームだからこそ実現できました」と語っています。

(塚田勝弘)