マツダがトヨタ自動車との業務資本提携を発表した4日後(8月8日)、次世代エンジン「SKYACTIV-X」テクノロジーを発表しました。

同社は実用化の難しさの点でロータリーエンジンを彷彿させるこのエンジンを2019年から量産するとしています。さて、この「SKYACTIV-X」エンジン、一体どんな代物なのでしょうか?

同社の説明によると、これまで世界の自動車メーカーが実用化できなかったガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を併せ持つ希薄燃焼エンジンとのことで、現行の「SKYACTIV-G」比で20〜30%もの燃費を改善できる模様。同社ではこの技術を「SPCCI」(Spark Controlled Compression Ignition)と呼んでいます。

詳細技術については、後日改めて説明会を開くそうですが、ざっくり言えばディーゼルエンジンの点火方式である「圧縮着火」をガソリンエンジンに応用した技術と言えそうです。

「圧縮着火」の場合、ピストンが上死点から動き始めた直後に燃焼室全体のいたるところで短時間に燃焼するため、ピストンを押す力が大きく、また、より長い時間ピストンを押すことが出来るため、発生トルクが大きく、発進時や加速時に威力を発揮します。

「SKYACTIV-X」エンジンでは、この「圧縮着火」にスパークプラグによる「火花点火」を加えることにより、これまで実現できなかった理論空燃比を遙かに超えた、従来比で2倍の希薄燃焼を実現しています。

軽油とは異なり、圧縮するだけでは全領域で完全に着火しにくい希薄ガソリンを、スパークプラグでまず小規模に爆発させて「圧縮着火」を誘発。「火花点火」と「圧縮着火」をシームレスに切り替える制御の実現により、素早く燃焼させ、NOxの発生を抑制しているそうです。

また圧縮着火領域の拡大を目的に、シリンダー内により多くの空気を送り込むため、高応答型の「エア供給器」を新たに設けている点も注目されます。

これらの工夫により、従来のガソリンエンジンの半分のガソリン量で燃焼が可能となり、熱効率が向上することで燃費が向上するのに加え、「SKYACTIV-G」比で全域10%以上、最大30%に及ぶ大幅なトルク向上をレギュラーガソリンで実現しているようです。

ちなみに、「HV」や「PHV」「FCV」を主要技術とするトヨタを含め、他社への供給は予定していないそうで、EVなど電動車についても平行して2019年に導入する計画とか。

マツダでは今秋開催の東京モーターショー17に「SKYACTIV-X」の出展を予定しているそうで、今後どのモデルを皮切りに搭載するのかについても大いに注目されます。

(Avanti Yasunori・画像:MAZDA)