車内に子供や高齢者、ペットが取り残され、熱中症などで死亡する痛ましい事故が日本でも度々ニュースになっていますが、同様の事故は米国でも起きているようです。

このような車内事故を防ぐべく北米日産が新たに開発した「RDA」(リアドアアラートシステム)を、米国で9月に発売するクロスオーバーSUV「日産パスファインダー」2018年モデルに標準搭載すると発表しました。

「RDA」は、走行前にリヤドアが開閉されたことをチェックし、降車時に再度開閉されなかった場合、インパネ内のディスプレイに警告メッセージを表示するシステム。さらにドライバーがメッセージに気付かずに車両から離れた場合には、軽く小刻みにクラクションを鳴らすことで、後部座席を確認するよう促します。

後席に荷物を置くためだけにリヤドアを開閉するケースも多いので、不必要な警告を防止するために機能を一時的、もしくは永続的にオフすることも可能。

「RDA」は、リヤドアスイッチをモニターすることで走行前後の後席のドア開閉状況を把握しており、乗員(幼児や高齢者)を車内に残したまま、うかっかり車両から離れることを防止するためのシステムで、炎天下の車内事故等の防止に向けて開発されました。

同システムは、北米日産の2人の子供を持つ女性エンジニアが発案し、ミシガン州の日産テクニカルセンターで開発されたそうで、今後は新型パスファインダー以外の車種にも搭載する予定になっているようです。

こうした機能は車載コンピューターのプログラム工夫等で低コストに実現する可能性が高いので、日産の国内モデルをはじめ、その他の自動車メーカーにおいても採用が望まれます。

(Avanti Yasunori・画像:NISSAN)