人気のトヨタ・ハリアーに加わった2.0L直噴ターボエンジンの「8AR-FTS」は、レクサスNXに搭載されて以来、レクサスISやクラウンなどにも搭載されています。

2014年にレクサスNXに搭載された時は、ダウンサイジングターボエンジンとしては少しトルク感や過給が始まってからの加速フィールに物足りなさも覚えましたが、2015年秋にクラウンに搭載された同エンジンは(手応え的には)改善されていた印象を受けた覚えがあります。

ハリアーに追加された2.0L直噴ターボもクラウン同様で、痛快といえるほど強烈な加速を披露してくれるわけではないものの、過給前のトルク感、過給が始まってからの力強さも何ら不足はなく、6ATとの組み合わせによりスムーズな走りを引き出せます。

231ps/350Nmというスペックの額面どおりの動力性能で、それほどアクセルを踏み込みことなく享受できるのは大きな魅力といえます。

意外に値頃感のある価格設定、そしてスポーティな見た目と上質な内装がハリアーの人気の理由だと思われますが、2.0L直噴ターボは走りの面でも十分にアピールできる実力の持ち主。

ヤマハ製パフォーマンスダンパーが加わったこともあり、コーナリング時のフットワーク、安定性も増している印象を受けます。なお、乗り心地は極低速域でゴツゴツ感が残るのは、2.0L直噴ターボも乗り比べた2.5L+モーターのハイブリッド車も同様で、中高速域では安定してくるだけにこの点だけは惜しいなと思わされます。

スポーツ系SUVといえるステージにまで高められたハリアーの2.0L直噴ターボモデル。3,380,400円〜4,574,880円という価格帯、ハイオクガソリンやJC08モード燃費13.0km/Lという点を考えると、2.0L NAモデルの300万円を切る価格設定ほどのインパクトはありませんが、走りを求めていた新たなファン層が加わりそうです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)