新世代スバルグローバルプラットホーム「SGP」を採用し、走行状態に合わせて前後にトルクを配分するアクティブトルクスプリットAWDを搭載した現行インプレッサ4WDは、走行性能で高い総合評価を獲得しています。

新型スバルXVは、そのインプレッサ4WDをベースに直噴2Lと1.6Lエンジンを搭載して、車高をアップ。基本的にはサスペンションのアーム角変更とタイヤの大径化、サスペンションクロスメンバーのかさ上げによって、最低地上高200mmを確保。また廉価版を除いて本格4WD制御のXモードも搭載し、SUVとして高い走破性を実現しました。

ただ単にベース車をかさ上げしただけでは、ロードにおける走行安定性のバランス悪化は避けられません。そこで新型スバルXVは、走行安定性の対策として「ロールセンター高」の最適化と「アクティブ・トルク・ベクタリング」の搭載という2つの技術を採用しています。

1つ目の「ロールセンター高」は、車高アップのSUV化にあたり、車両の物理的な旋回性能を決める重要なファクター。新型XVでは、フロントサスのロワリンクやリアサスのナックルを新設計して車高に合わせて物理特性の最適化をはかり、優れた走行安定性を実現しました。

2つ目の「アクティブ・トルク・ベクタリング」は自動ブレーキ制御技術で、車両が自動的に車速や操舵角、横Gなどからアンダーステアを検知し、内側の前後タイヤに軽くブレーキを掛け、本来の走行軌跡をトレースする機能。現行インプレッサでは最上級グレードだけに付く電子制御機能を新型XVでは全車に標準装備しました。

このように、新型XVでは悪路走破性だけでなくロード走行安定性も実現するために、物理特性と電子制御の両面から性能アップに取り組んでいるのです。

(星崎 俊浩)